M女性 | スカトロ伝説

大人になって初めてのおねしょからはまってしまった放尿プレイによる快感

それまで自分は、別に放尿プレイとかスカトロプレイとかそういったものに興味も無くて
基本的には自分の事をノーマル、せいぜいちょっとMっぽいかな…ぐらいにしか思っていませんでした。ただ、そんなある日私が
思い切りやらかしてしまった事がきっかけでこんな性癖に目覚めるなんて思っていませんでした…。

恥ずかしながら、24にもなっていまだに実家に住んでいてお母さんからはパラサイトシングルとか言われてる私ですが
もちろん人並みに彼氏も探しているし、機会があれば一人暮らしもできるように貯金だってしています。
そんな私ですが、ある体験をした結果放尿を見られることに目覚めてしまって…
人に恥ずかしい所を見られるのが、今まで知らなかった感覚で楽しすぎて、最近はもうそっちのプレイばかりで遊ぶようになってしまって…
こんな事で本当に将来大丈夫か、自分でも少し心配になってきてしまっています…。

今まで、普通に自分では生きてきた気持ちだったのでアブノーマルなプレイとか、悪い遊びとかそういう事を知らなかったせいでなんでしょうか
もの凄くはまってしまいました。今では、基本的にそういうプレイがOKな人や理解のある人と遊びに行く事が多くて…合コンとかも断り気味になってしまってます。

なんでそんな性癖に目覚めてしまったのかというと…
たまたま、友達と一緒に飲む機会があってその日は結構盛り上がって深酒しちゃったんですよ。しかも、自分でも覚えてないけど足取りもおぼつかなかったらしく
家までタクシーで送ってもらったらしくて…(自分では全然覚えていないです)
で、どうやら無事に家について部屋で眠ってたっぽいんですけど、そこまでの記憶なんか全然ないのに目が覚めた時の事だけは鮮明に覚えています。
もの凄く我慢して寝ていたみたいで、そのまま夢うつつでおしっこをしてしまって、そのホッとする気持ち良さと来たら…
結構もう苦しいとか、辛いって状態になるまで私の膀胱は我慢してたんですよね、そこは立派なのでほめてあげたいと思います。

ただ、結局我慢しきれなくておしっこをしてしまったわけですが…なんていうか、その時のことが全然忘れられなくて
もちろん後始末が大変だったり親に色々言われて恥ずかしい思いをしたりって所で忘れられない事も多かったんですが
そんな事よりも限界まで我慢して、そこからおしっこをするというのにはまってしまったんです。ただ、これには問題があってしっかり準備しないとできないという事で…
基本的に家にいる時じゃないとできないのですが、だんだん慣れてくるともっとほかの所でもしたいなって思って

そんな時に外で試してみたんですけど都合よくいい場所にトイレが無くて…
何とか見つけたのは汚い公衆トイレで、この方法は二度としたくないって思いました。

そこで、私がひらめいたのが『おむつしていけばいいじゃん!』という事だったのです。
うちはお祖母ちゃんも一緒に住んでいて、介護のためのおむつがあったのでそれを見てひらめきました。
おむつをしておけば、限界が来た時にそのままできるしトイレも探さなくて済む、いつでもおしっこを楽しめるし万が一も無くて安心!

なんていうか、すでに考えがおかしい所に行っちゃってましたね。
ただ、それだけ夢中になっちゃってた、はまってたって事だけは判ってもらえると思います。
そして、ある日いよいよお祖母ちゃんのおむつを1枚拝借して実行に移してしまったわけです…。万が一我慢できなくなったら表でしようって。
もちろん最初からおむつにするつもりじゃなくて、トイレが見つからなかった時の保険のつもりでした。

ただ、困ったことに普通に服を着ていて外に出てるとなんていうか感覚的に、ここでおしっこしちゃいけないって頭の中が思うんでしょうか…
結構でそうで我慢できなくなっても出てこないんですよね。あんまり我慢しすぎるのも体に悪いし、もうおしっこしたくて辛いし、でも力んでも出ないし…。
街中でおむつにおしっこを仕様って気軽に考えてた私はどうしたらいいのかわからなくて非常に焦りました。

その時はこんなはずじゃなかった…って色々な事を後悔しながらなんとかおしっこを出そうと焦ってたんだと思います。
まあ、人はそこそこいましたが私に注目する人もいなかったのが本当に幸いだと思います。だんだん辛くなってきたときに、ふっと限界が来たんでしょうか
そこからはもう全力で力が抜けてしまって、ただ限界まで我慢してするおしっこと、よくよく考えたら周りに人がいるおしっこというのをしていたことに

多分最初におねしょをした時以上の気持ち良さを覚えてしまって…その後は自分用にひっそり紙おむつを買って部屋に置いてあります。
それからはこういう放尿プレイが好きな人をネットで探して、外でおむつでおしっこするのを楽しんだり見て貰ったり

一緒に遊ぶ相手も合コンで探すよりもそういった趣味が判ってもらえる人と何度か遊んでいます。
特に、私よりもそういうのに詳しい人だと色々教えてもらえるのですっかり夢中になってしまっています。

久しぶりのラブホで興奮してスカトロしちゃった

彼氏なので、奴隷といってもいいのか分からないですけどとりあえず今の彼のスカトロ奴隷やってます。

「高校卒業したら一緒に暮らそう」と卒業を機に同棲して、3年程経った頃だったと思います。
その日はたまには飲もうっていう彼の提案で、バーに行く事になってました。
最近は忙しくてまともにデート出来てなかったので嬉しくて、セクシーな格好でいこうかな?とか色々考えながらお洒落しちゃったりして。
バーで直接待ち合わせする事になって、私がどんな格好で来るかは彼は知らなかったんですけど見た途端、半笑い。
何で笑ったのか聞いてみると、「いつもと違ったからビックリしちゃって」との事でした。

そんなこんなで飲みながら話してたら、気づいたらかなり酔いが回っててお店を出る事になりました。
2人とも酔ってて、今タクシーに乗ったら絶対に吐くと思ったのでホテルに泊まりました。
同棲してからはラブホには行かなくなってたので、久しぶりのホテルはちょっとドキっとしました。
それに今は、セックスも部屋でささっとして寝るみたいな感じになっちゃってるので・・・。
だから私はお酒の力を借りて、ここはちょっと襲ってみようかな?と思いました。

久しぶりのラブホで興奮してスカトロしちゃったの続きを読む

彼の変態嗜好はスカトロエッチだった件

スカトロセックス

付き合っている彼の性癖が私にははじめ理解できなかった。

ストッキングが好き、匂いフェチ、ライトSMが好きなんてのはけっこう聞く話だったのでたいして驚きもなく「へぇ~、そうなんだ」と受け流していたし、特殊性癖については私はけっこう許容範囲が広い方だと思っていました。しかし今の彼は他の誰とも違う超マニアックな性癖でものすごく戸惑いました。それでも彼のことが好きだったので仕方なく対応していたんです。
その変態嗜好とは「うんちにまみれながらセックスがしたい」というものでした。うんち自体は私のうんちで、下半身をうんちまみれにして彼のおちんちんもうんちまみれにしたまま中に入れられます。

初めてのときはギョッとしてとても不安でした。その勢いでアナルプレイに入る時もあります。汚いし臭いし、何よりも出した排泄物を体内に入れても大丈夫なのだろうか?という不安が一番大きかったです。 それでも彼が好きだったので我慢していましたが、これが不思議なものでスカトロプレイも慣れてくると案外行けるものです。自分でも驚いています(笑)

といっても、うんちを付けたまま膣内に入れるのはやめてもらいました。(衛生面を考えて)その代わりうんちに似せた疑似うんち塗りたくりプレイをするようになりました。ハードルが上がったのか?下がったのか?わかりませんが、それが定番になりつつあります。>>【クッソパッド】うんこ料理【作ってみよう】

そんな私の経験からりスカトロ好きな人に注意してもらいたいことがあります。

・無理矢理やるのはやめよう!
それが風俗店というならわかりませんよ。しかし普通に付き合っているカップル同士、性生活においてどちらか一方がものすごい我慢をしなければいけない、苦痛を感じているという状態はおかしいです。それでも続けようとするのは相手のことを見ようとせず自分のことしか考えていない残念な人だと思います。
私のように平気になる人も中にはいるでしょう。それでも慣れただけであって大好きになったというわけではありません。「うんこ料理」のように代用できるものを使って不快感が少なく、尚且つ安全にスカトロプレイをする方が良好な関係を続けていけます。

・どうしてもスカトロプレイがしたいなら同じ嗜好の人を探す
これが一番いいと思います。すぐ見つかるかどうかはやってみなければわかりません。しかし相手も自分と同じスカトロ好きならば意気投合できることは間違いなし。アナルプレイも抵抗なく受けれてくれるだろうし行えるスカトロプレイの種類も多いと思います。

・浣腸ならまだいける
同じ嗜好者を探すのでもなく、無理矢理行うのでもない選択肢として「浣腸」ならまだいける。ということがあります。腸内環境が整っているスッキリ快便さんだと浣腸しても浣腸液しか出てこないという悲しい結果になるかもしれませんが、スカトロという中で浣腸はまだライトな方だと思います。「腸を綺麗にする」と思えば浣腸ならまだプレイとしてやっても女性の抵抗感は少ないと思います。

おわりに

「好きなんだからしょうがない!」これは誰にでもあるので本当に仕方がないことだと思いますが、自分の性的満足もパートナーが気持ち良く感じることも両方充実させて“いい時間だった”と感じるものです。自分の好きなことを相手と一緒にやるなら気遣うことを忘れてはいけません。

スカトロパートナースカトロ愛好家達の出会いを分析

倒錯病院SM診療室はどんなサイト?

倒錯病院SM診療室

スカトロの入り口として、医療プレイから入る人も多い。
実際の病院で浣腸やカテーテルなどを経験して、目覚める人も多い。
だが、医療プレイパートナーを見つけるのは難しい。

そんな医療プレイが好き、スカトロプレイも好きな人に向けたコミュニティサイトが【倒錯病院SM診療室】だ。

倒錯病院SM診療室はどんなサイト?の続きを読む

スカ to ROSEはどんなサイト?

スカ to ROSE

変態プレイも徐々に認知度が高まってきたとはいえ、スカトロパートナーとなるとなかなかいないのが現状だ。

そして、多くの男女は男が攻め、女が受けという構図であり、その逆は少ない。
スカトロ界でも大半はS系の男がM系の女にうんこを塗りたくったり、食わせたりするのが主流だ。
逆の女王様や痴女の黄金を受身系マゾ男子がいただくという願望を持った者は数少ないのである。

そこでその少数派に向けたスカトロ出会いサイトが今回紹介する【スカ to ROSE】だ。

スカ to ROSEはどんなサイト?の続きを読む

スカトロ動画新着!!スカトロ 動画像

スカトロニュース世界のスカトロニュース

スカトロ検索

アクセスランキング

仲良しサイトの更新状況

Copyright©2013
スカトロ伝説
All Rights Reserved.