M女性 | スカトロ伝説

浮気相手の目の前で屈辱の強制浣腸噴射プレイ

「もうダメ…無理…出る、出る、出ちゃう…!出るぅぅ…!!!」
ブリブリブチュブッチュブビビビブー!!!!

私は部屋中に品性下劣な音と臭いを盛大に捲き散らかしながらウンコを噴射、いえ糞射させてしまいました。

これは私が人生で最も惨めで屈辱的な体験をした話です。
当時、私は大学生でした。そして、そんな私には一回り年上の彼氏がいました。
見た目もタイプで、大学生の私からすれば経済的にも余裕があって、何より仕事がデキる大人の男性という雰囲気で私は夢中になっていました。この人の性癖でもあるSMプレイを受け入れてしまう程に。

私はそれまでSMなんて全く興味もなく、当然経験もありませんでしたが、彼と付き合った事で縛られたり拘束されてのセックスや、ノーパンノーブラでのデート、アナルセックスなど今までした事のないプレイを経験するようになったのです。
最初こそ抵抗はありましたが、体を傷つけたり極端に痛めつけたりするようなプレイはなかったですし、終わった後はいつもより優しく接してくれて、何より彼が大好きだったので、SMプレイも自然と受け入れられるようになりました。

ですが、彼と付き合い始めて一年ほど経った頃。私は大きな過ちを犯してしまいました。
その頃、ちょうど彼の仕事も忙しくなかなか会えなかった寂しさもあり、同じ大学で同じサークルの男の子、アツシ君と何となくいい関係になってしまったのです。
しばらくはお互い意識し合うような感じだけでしたが、決定的な事があったのはサークルのみんなで飲み会をした時でした。お酒の力もあり、私はそのアツシ君と飲み会の終わりに関係をもってしまいました。

一度関係をもつとその後は何となく流れで定期的にセックスするようになりました。
この時もまだ、彼の事は好きでしたし、別れようという気持ちは全くありませんでしたが、それよりもなかなか会えない寂しさの方が勝っていました。

やがて、彼の仕事も落ちついて頻繁とは言えないものの月に1,2回は会えるようになった頃です。最悪の事態が訪れました。

彼にアツシ君との浮気がバレてしまったのです。

「誰?コイツ」
「またしようって何?」
「えっ?お前、今この男が本命なの?」

ラインのやりとりを突きつけられながら詰問されます。
「ごめんなさい…ごめんなさい…」
私はただただ謝るしかありませんでした。しかし、言葉だけの謝罪で納得して許してもらえるはずがありません。

「で、どうする?別れるか?」
「それはイヤ!本当にごめんなさい…」
「でも、今はこの男とヤリまくってんだろ?」
「違う」
「違うって何がだよ?」
「ずっと忙しそうにしていて会えなかったから寂しかった…」
「へぇ。お前は寂しいと好きでもない男とヤリまくるんだ?」

ここまで言われるともう何も言えませんでした。
しばらく無言の時間が過ぎ、先に口を開いたのは彼でした。

「とりあえず、コイツ呼べよ」
スマホを差し出され、受け取ったものの私の手は震えて、操作できる状態ではありません。それに、この場に呼んだらどんな事になるのか…という恐怖もありました。
そんな私を見かねて、「俺が呼ぶ」と私のスマホを再度奪うと彼はラインを送りました。


数時間後、私と彼とアツシ君は古びたラブホにいました。

彼に呼び出されたアツシ君は私に彼がいる事に驚いて、そして私との関係を謝って、彼に言われるがままホテルへついて来た。
という流れです。

「ほら、脱げよ」
彼は私に冷たく言い放ちます。アツシ君はそんな私達をただ見ているだけでした。

今から何をされるのか、分からない私はただただ恐怖でしかありません。でも、この状況で私は彼の言いなりになるしかありません。二人の視線を感じながら私は全裸になりました。

すると彼はベッドまで私の手を引っ張ると、上半身だけベッドに突っ伏した格好の膝立ちにさせられました。そしてその状態で手を後ろに、そして足を固定するように拘束されます。
私はお尻を突き出した格好の屈辱的なポーズとなりました。

「なぁ、アツシ君だっけ?今からコイツの一番みっともない姿を見せてやるよ」

彼はそう言うと、私のお尻の穴に何かを注入しました。その感触は以前、彼とのプレイの時にも味わった事がありました。イチジク浣腸です。プレイの時は1つだけでしたが、今回は3つも注入されてしまいました。

イチジク浣腸1つだけでも強烈だったのに、3つも注入された私のおなかはすぐさま異常をきたします。グルグルと強烈な腹痛と便意に襲われてどうにかなりそうでした。

「ごめんなさい…もう許して…」
泣きながら訴えましたが、私の言葉は無視されます。
そうしている間にも便意が激しく肛門を内側からノックします。アツシ君が見ている前で漏らすわけにはいかない…私は必死で肛門に力を入れて堪えました。
しかし、迫り来る便意の前に私の肛門は無力でした。力を込めて堰き止めるほんの隙間から、便汁が漏れ出るのを感じます。お尻の筋肉も痙攣し始め、いよいよもう限界でした。

「お願い…見ないで…」
こんな懇願も効力なんてなく…

「もうダメ…無理…出る、出る、出ちゃう…!出るぅぅ…!!!」

と、汚らしい音と共にとうとうウンコをまき散らしてしまいました。
その瞬間、周囲に漂う臭いが私をさらに惨めにします。
拘束を解かれた私はアツシ君の方へ視線を向けると、汚らしいものを見る軽蔑の眼差しで私を見下ろしていました。

「なぁアツシ君。ホントにこんな女がいいのか?」
嘲笑を浮かべる彼がアツシ君に問うと彼は無言です。当然、軽蔑の眼差しが答えでした。

この後、アツシ君とは気まずくなり、私はサークルを辞める事に。そして彼にも捨てられてしまいました。
v もう浮気なんて絶対にしないと肝に銘じましたが、実はこの時の出来事がキッカケで浣腸噴射プレイに目覚めてしまった私がいます…。

オムツ生活開始とオムツの限界に挑戦した話し

オムツ

赤ちゃんプレイでもなく、スカトロプレイでもなく、オムツが好きな私は、赤ちゃんプレイ希望のM女をつかって野外オムツプレイをしました。
お互いにやりたいことにちょっとのズレはあったものの、共通してオムツが好きということでやり始めたのがきっかけです。

室内での調教は彼女に合わせて赤ちゃんプレイをして遊びます。ベビー服に身を包んだ彼女をお世話しました。

初めはプレイの間だけ、室内だけのオムツを履いたプレイ。調教が進むにつれてどんどん進化していきました。

一日中オムツ生活の開始

もちろん仕事中も友達と旅行に出かけててもオムツです。常にオムツです。
そして、オムツを交換できるのは一日一回。その間どれだけおしっこをしても、うんこをしても交換することはできません。

初めはプレイ中だけだったのが一日になり彼女はかなり不便を感じているようでした。どんな服装をしてもオムツで尻周りだけが膨らむので着られる服装が限られる、仕事の制服も尻周りだけ膨らみ妊婦と間違えられる。

なおかつ、どれだけ蒸れようが臭かろうがオムツ交換ができない。その臭いオムツを一日が終わるまで履き続けなければならない。

AVで見たことはあっても実際にやると驚くほど生活が不便。恥ずかしい。そして、そんな不便さや恥ずかしさを越え、それが日常になると次第に快感に変わってくるのである。不思議なことに。

一日中オムツ生活で一番大変だったことを聞いてみると、それは臭いだった

オムツの吸収性は高く数回のおしっこは吸ってくれるし生理の時は出血しているのでそれのことを考えるとさほど気にならなかったが、うんちをした時だ。うんちは固形なのでもちろん吸収されることはなくオムツ内にべちょっと広がる。その日の体調によってはコロコロうんちのときもあるし、柔らかい時もある。
とくに柔らかいうんちのときの臭いは自分でもわかるくらいなので周りの人に気付かれているかもしれないという心境で過ごさなければならない。コロコロうんちは硬いのでオムツ内で動くなどとても不快だったそうです。

流石に仕事中は周りの迷惑にもなっているかもしれないのでオムツはそのままでうんちの処理だけは許した。
それでも汚れたオムツに汚いマンコと糞まみれのアナルには変わりなく、毎日その様子を報告させた。

そして、二人で出かけるときはなるべく人の多いところに出かけた。移動はバスや電車を使い、人が密集している場所には喜んで行った。
おもらしする恥ずかしさと匂い漏れの恥ずかしさを味合わせるためだ。

排泄については成長するにつれトイレまで我慢するというのを覚えるが、オムツを着用しいつでもどこでも排泄が出来るという状況になっても案外できないものである。
いつでもどこでもできるようにするのに逆に訓練が必要なのだ(笑)
トイレ以外で漏らしてしまった、出してしまったという罪悪感にも似た感情と、大人のプライドをへし折るのだ。そして訓練が進むとしたいときにするという素直な気持ちを思い出し、プリプリ、シャーと排泄するのです。

面白かったのが、お酒を飲むとおしっこの回数が増えますよね?オムツ生活に慣れた大人がお酒を飲んで酔っ払うとオムツの中にジャンジャンおしっこをするのです。どんなに酔っぱらっててもおもらしをする大人はいないと思います。しかし、オムツ生活に慣れた大人はおしっこしたい=すぐ出すに無意識のうちにやってしまうのです。
オムツに慣れるとオムツが手放せなくなりますね!不安になるから( *´艸`)

今回はオムツ生活の開始とオムツの限界に挑戦ということで、オムツの限界は一日中履き続けても対応できるという日本の製品の高さを改めて感じました。
とは言えうんちのみ排泄したら捨てているので限界に挑戦できたのかどうかと考えるとちょっと残念な部分もあります。

大人になって初めてのおねしょからはまってしまった放尿プレイによる快感

それまで自分は、別に放尿プレイとかスカトロプレイとかそういったものに興味も無くて
基本的には自分の事をノーマル、せいぜいちょっとMっぽいかな…ぐらいにしか思っていませんでした。ただ、そんなある日私が
思い切りやらかしてしまった事がきっかけでこんな性癖に目覚めるなんて思っていませんでした…。

恥ずかしながら、24にもなっていまだに実家に住んでいてお母さんからはパラサイトシングルとか言われてる私ですが
もちろん人並みに彼氏も探しているし、機会があれば一人暮らしもできるように貯金だってしています。
そんな私ですが、ある体験をした結果放尿を見られることに目覚めてしまって…
人に恥ずかしい所を見られるのが、今まで知らなかった感覚で楽しすぎて、最近はもうそっちのプレイばかりで遊ぶようになってしまって…
こんな事で本当に将来大丈夫か、自分でも少し心配になってきてしまっています…。

今まで、普通に自分では生きてきた気持ちだったのでアブノーマルなプレイとか、悪い遊びとかそういう事を知らなかったせいでなんでしょうか
もの凄くはまってしまいました。今では、基本的にそういうプレイがOKな人や理解のある人と遊びに行く事が多くて…合コンとかも断り気味になってしまってます。

なんでそんな性癖に目覚めてしまったのかというと…
たまたま、友達と一緒に飲む機会があってその日は結構盛り上がって深酒しちゃったんですよ。しかも、自分でも覚えてないけど足取りもおぼつかなかったらしく
家までタクシーで送ってもらったらしくて…(自分では全然覚えていないです)
で、どうやら無事に家について部屋で眠ってたっぽいんですけど、そこまでの記憶なんか全然ないのに目が覚めた時の事だけは鮮明に覚えています。
もの凄く我慢して寝ていたみたいで、そのまま夢うつつでおしっこをしてしまって、そのホッとする気持ち良さと来たら…
結構もう苦しいとか、辛いって状態になるまで私の膀胱は我慢してたんですよね、そこは立派なのでほめてあげたいと思います。

ただ、結局我慢しきれなくておしっこをしてしまったわけですが…なんていうか、その時のことが全然忘れられなくて
もちろん後始末が大変だったり親に色々言われて恥ずかしい思いをしたりって所で忘れられない事も多かったんですが
そんな事よりも限界まで我慢して、そこからおしっこをするというのにはまってしまったんです。ただ、これには問題があってしっかり準備しないとできないという事で…
基本的に家にいる時じゃないとできないのですが、だんだん慣れてくるともっとほかの所でもしたいなって思って

そんな時に外で試してみたんですけど都合よくいい場所にトイレが無くて…
何とか見つけたのは汚い公衆トイレで、この方法は二度としたくないって思いました。

そこで、私がひらめいたのが『おむつしていけばいいじゃん!』という事だったのです。
うちはお祖母ちゃんも一緒に住んでいて、介護のためのおむつがあったのでそれを見てひらめきました。
おむつをしておけば、限界が来た時にそのままできるしトイレも探さなくて済む、いつでもおしっこを楽しめるし万が一も無くて安心!

なんていうか、すでに考えがおかしい所に行っちゃってましたね。
ただ、それだけ夢中になっちゃってた、はまってたって事だけは判ってもらえると思います。
そして、ある日いよいよお祖母ちゃんのおむつを1枚拝借して実行に移してしまったわけです…。万が一我慢できなくなったら表でしようって。
もちろん最初からおむつにするつもりじゃなくて、トイレが見つからなかった時の保険のつもりでした。

ただ、困ったことに普通に服を着ていて外に出てるとなんていうか感覚的に、ここでおしっこしちゃいけないって頭の中が思うんでしょうか…
結構でそうで我慢できなくなっても出てこないんですよね。あんまり我慢しすぎるのも体に悪いし、もうおしっこしたくて辛いし、でも力んでも出ないし…。
街中でおむつにおしっこを仕様って気軽に考えてた私はどうしたらいいのかわからなくて非常に焦りました。

その時はこんなはずじゃなかった…って色々な事を後悔しながらなんとかおしっこを出そうと焦ってたんだと思います。
まあ、人はそこそこいましたが私に注目する人もいなかったのが本当に幸いだと思います。だんだん辛くなってきたときに、ふっと限界が来たんでしょうか
そこからはもう全力で力が抜けてしまって、ただ限界まで我慢してするおしっこと、よくよく考えたら周りに人がいるおしっこというのをしていたことに

多分最初におねしょをした時以上の気持ち良さを覚えてしまって…その後は自分用にひっそり紙おむつを買って部屋に置いてあります。
それからはこういう放尿プレイが好きな人をネットで探して、外でおむつでおしっこするのを楽しんだり見て貰ったり

一緒に遊ぶ相手も合コンで探すよりもそういった趣味が判ってもらえる人と何度か遊んでいます。
特に、私よりもそういうのに詳しい人だと色々教えてもらえるのですっかり夢中になってしまっています。

スカトロパートナースカトロ愛好家達の出会いを分析

おしめり遊戯はどんなサイト?

おしめり遊戯

おもらし、オムツ、おしっこ、うんち……
排泄物に興味があるなんて、人には言えない。

だが、おもらしやオムツ好きが集まる専門のサイトが【おしめり遊戯】だ。
おしっこ我慢やオムツプレイなど、おしっこに関するプレイが楽しめる。

おしめり遊戯はどんなサイト?の続きを読む

体液フェチコミュニティはどんなサイト?

体液フェチコミュニティ

ツバや汗などの体液フェチの人は意外と多いと思う。
体液は老廃物になるのでスカトロジャンルの一部だということは多くの人に知ってもらいたい。
唾液や脇汗などはわりとよくあるフェチだが、愛液、経血、ゲロ、垢などまでいくとハードな体液フェチと言えよう。

そんな体液フェチの人たちが集まるコミュニティがある。
フェチが集まるフェチナビの中で体液フェチのための【体液フェチコミュニティ】である。
ここでは体液にまつわるフェチ話をしてもドン引かれたりはしない。

体液フェチコミュニティはどんなサイト?の続きを読む

スカトロ動画新着!!スカトロ 動画像

スカトロニュース世界のスカトロニュース

スカトロ検索

仲良しサイトの更新状況