S男性 | スカトロ伝説

泥酔で寝糞した女とスカトロセックスした思い出

思いがけない瞬間に衝撃的な事が起きると、きっと俺じゃなくても誰もが忘れられない思い出になると思う。

そんな俺の思い出だが、スカトロ関係でいえばとある女の寝糞が今まで一番強く印象に残っている。
大学時代、ゼミで知り合った子に飲みに誘われて軽く飲んで解散するつもりがお互いベロベロに。
終電も残ってないし、このまま解散するのも心配だしなーっていう自分の中の紳士的な部分が働いてラブホテルに連れて行く事に。
ラブホテルに連れて行く時点で、紳士なのかと言われたら怪しい所だけどこの時はセックスしようとかそんな事は一ミリも考えてなかった。
タイプじゃないし、ただ単に友達としか見ていなかったから。
実際、泥酔していたからタイプだったとしても襲える状況でもなかったけど。
なんとか彼女を引っ張りながら部屋まで辿り着き、部屋に入ってベッドを見つけた瞬間に俺も彼女もベッドに倒れ込んだ。

そこから結構寝た気がするけど、ふと目が覚めて見てみると若干服が肌蹴た彼女がそこに。
起きる様子はなくて、かなり爆睡してるなーって舐めまわすように彼女の全身を見ていたら、いきなり爆発したような音が聞こえたんだ。

泥酔で寝糞した女とスカトロセックスした思い出の続きを読む

あるサドが楽しんだマゾ女との過激すぎるスカトロ体験談

スカトロ調教

スカトロジーはSMの極北でありハードSMの花形とも言うべきものです。
SMに興味を持たない多くの一般の男女たちにとっては、スカトロプレイなんて変態が行う気持ちの悪い儀式でしかないのかもしれません。

けれど私のように長年サド調教師としてマゾな女性たちを調教してきた者にとっては、スカトロ調教ほど強い快楽が味わえるものもないと思います。
排泄行為は男女共に幼い頃、大人になる過程で必ずコントロールすることになる行為であり、これは人の一生に深く関わる要素なのです。

ですからこの排泄行為に注目して、それを弄ぶような遊びに励むスカトロプレイは、他のすべてのプレイよりもずっと大きな意味を持つプレイと言えるのです。
このことを理解していれば、自然とスカトロプレイに意識が向くはずなのですが、哀しいことに世間の多くの女性はスカトロを理解せず遠ざけてばかりいるようです。

そんな現状を打開しようと考えている私は、調教師を名乗って以来長く多くのマゾ女性にSMスカトロ調教を施してきました。
たとえばアヌスに大量の浣腸液を注入するプレイや、屋外で小便をさせる露出羞恥プレイなど、実にさまざまな調教を行ってきました。

今回ここではその私の豊富なスカトロ調教経験から、一つ特に記憶に残る過激なスカトロ体験談をご紹介したいと思います。

拡張を極めたM女専用の浣腸器

アナル拡張というプレイが長年高い人気を得ている理由には、アヌスつまり肛門が調教すればするほど驚くような形に変化していくからこそだと言えるでしょう。
と言っても拡張を行えば行うほどアヌスの形がおかしくなっていくというようなことではなく、単純に拡張を上手く続けたアナルは、驚くほどその内部が柔らかく大きく変化できるようになるということです。

なので厳密にいえばアナル拡張というのは腸を拡張する行為と言うこともできるもので、これを極めれば素人が驚くほど大きな物や大量の液体を挿入、注入することができるようになるのです。
たとえば私が特によく覚えている優秀なマゾ女は、男の腕の二倍くらいはある大きさの浣腸器で、カエル腹になるまで大量の浣腸液を注入できたのでした。

浣腸器と聞くとなかなかその見た目をイメージできないかもしれませんが、分かりやすく喩えれば、それはいわばとても大きな注射器のような見た目をしています。
しかしもちろん先端は針ではなく、イチジク浣腸などと同じように程よい柔らかさと丸みを帯びた構造になっており、それを使って怪我をするということはなかなかないように出来ています。

ただ無理をすると体にさまざまな被害をもたらしてしまうという意味では危険なその大きすぎる浣腸器を、見事に尻穴で受け止めて、しかも中身の液体までほとんど飲み込んでしまうドMな女が過去に居たのです。

巨大浣腸器による責めに悦ぶ女

彼女は幼い頃からアナルオナニーに慣れ親しみ、二十代後半になった頃には信じられないくらい大きなアナルプラグやアナルパールを挿入できるくらいにはアナル拡張を成功させていた人物です。
アヌスから大量の浣腸液を注ぐと、普通の女性は悲鳴を上げてしまうものですが、彼女はむしろ注入している間ずっと艶のある声を出していました。

しかもほとんど注入し終わったあと、アナルプラグで栓をしている最中もずっと興奮した様子だったのはよく覚えています。
私はドSな調教師ですから、当然その姿のまま放っておくことはせず、そのまま腹を撫でたり様々な感じる部位を責めたりして、彼女を存分に弄びました。

そういった一見すると優しい責めは、排泄管理の上で行うと今にも排せつしてしまいそうな女にとっては過激すぎる責めとなってしまいます。
しかしそんな過激なプレイも全てよく調教されたマゾヒストにとっては苦痛である以上に快楽に感じてしまうもので、最終的に彼女は私が予想していたよりも長い時間をかけて排泄管理に耐え抜きました。

そして最後の最後に注入した浣腸液を全て排せつする瞬間は、その量もさることながらリアクションも迫力があってとても刺激的な体験となりました。
今思い出してもあれほどの大きさの浣腸器と大量の浣腸液に耐え、最後に気持ち良く排せつした女はあの女だけだったかもしれません。

長年スカトロプレイを楽しんでいると、そういった驚くような才能を持つSMパートナーとも突然出会うことができたりするものなので、スカトロプレイに興味を持つ男性は誰もが一度は真剣にスカトロSMパートナー探しに励んでみるべきではないかと思います。

水着でうんこオモラシに目覚めてからスカトロにはまった

着衣スカトロ

夏の思い出といえば、小学生の時好きだった女の子がプールの時間にお腹壊したらしく、トイレに行く間もなく下痢うんちを漏らしたことだ。
それからだと思う。
スカトロに目覚めたのは。

そんなことがあったにも関わらず、意外とみんな優しくてからかったりしないいいクラスだったな。
だから俺みたいなキモい奴でもなんとか受け入れてもらえてた。

水着でうんこオモラシに目覚めてからスカトロにはまったの続きを読む

スカトロパートナースカトロ愛好家達の出会いを分析

おもらしGOLDENはどんなサイト?

おもらしGOLDEN

スカトロは難易度が高いので、出会いも少ないと思いがちだ。
だけど、スカトロ好きでも大半はうんこではなく、おしっこ派である。
おしっこならなんとかOKする女も多く、そうすると出会いも意外とあるのである。

尿が好きな人と出会いたい人向けのおもらし出会いサイトが今回紹介する【おもらしGOLDEN】だ。

おもらしGOLDENはどんなサイト?の続きを読む

スカ to ROSEはどんなサイト?

スカ to ROSE

変態プレイも徐々に認知度が高まってきたとはいえ、スカトロパートナーとなるとなかなかいないのが現状だ。

そして、多くの男女は男が攻め、女が受けという構図であり、その逆は少ない。
スカトロ界でも大半はS系の男がM系の女にうんこを塗りたくったり、食わせたりするのが主流だ。
逆の女王様や痴女の黄金を受身系マゾ男子がいただくという願望を持った者は数少ないのである。

そこでその少数派に向けたスカトロ出会いサイトが今回紹介する【スカ to ROSE】だ。

スカ to ROSEはどんなサイト?の続きを読む

スカトロ動画新着!!スカトロ 動画像

スカトロニュース世界のスカトロニュース

スカトロ検索

アクセスランキング

仲良しサイトの更新状況