スカトロプレイ考察 | スカトロ伝説

心理的に行う逆トイレトレーニングで快適なおもらしプレイを

ガキの頃はあれだけオネショやお漏らしを繰り返していたのに、大人になったらしようと思ってもなかなかにできる物ではありません。
それは、脳の記憶に、おもらしはしたらダメなもの・恥ずかしいものと根深く怨念のように絡みついているからで、それを払拭するにはかなりの集中力が必要なもの。
しかし、逆トイレトレーニングという言葉もある通り、ある程度の訓練を積めばお漏らしやオネショも可能ではあります。
肉体的なトレーニングより、精神的、心理的な部分も多いこの逆トイレトレーニングについて、まとめてみました。

「条件付け」を振り払う

人間は物心ついたころから、おしっこやウンチはトイレでするものと認識しています。
便意が来たら、トイレに行き、排泄という動作を毎日毎日繰り返してきたことで、「トイレ以外の場所では排泄しない」という習慣もついています。
これを条件付けと呼び、この条件を振り払ってあげるのが最初のステップとなります。

「排泄はトイレでするもの」「トイレ以外では排泄しない」を振り払うと表現しましたが、完全に記憶の削除をしたのでは日常生活に支障が出るし、現実的にまったくのゼロにすることは難しいです。
幼いころから根付いてきた「条件付け」に対して、もう一つ「条件」を付けてあげるイメージで訓練しましょう。

オムツで新しい条件付け

「排泄はトイレでするもの」「トイレ以外では排泄しない」という条件付けを振り払うのには、まずはオムツを穿いてトイレ以外で排泄するトレーニングから始めましょう。
これから新しく、「オムツを穿いていれば排泄しても良い」を追加するニュアンスです。
この条件をどう呼ぶかは、人によって様々なので、自分がイメージしやすい名称で大丈夫です。
ここまでの説明で、理屈は何となく理解できたと思います。

オムツで実践

実際にオムツを穿いて、トイレ以外での排泄にチャレンジしていきましょう。
最初は意識して出そうとしても無意識に体が拒絶します。
無理に出そうとしても体力と神経を消耗するだけなので、一番最初の「条件付け」を使ってみるのもコツ。


便意がある状態で、オムツを穿き → トイレに行ってズボンだけを下げ → 便座に座る。

こうする事で長年在り続けた条件をクリアしたのと同等の心理状況を作り出し、オムツを穿いたままでも排便を促す事が可能です。
何よりもまずは、オムツを穿いていれば排泄しても良いというを条件づけましょう。
また、自分にとって、一番やりやすい方法があればそちらで実践すべきだと考えます。

オムツの中で排便をする行動を繰り返していく中で、オムツを穿いている間は排尿しても良い、という事が学習されていき、 オムツを穿いている状態ならば意識的に排泄できるようになっていくのが実感できると思います。

オムツで排泄ばかりにしない

人によってはオムツでの排泄を条件付けしてしまうと、通常のトイレでの排泄がし辛くなる方もいます。
全く出来なくなるという事態はあまり起こりづらい事ではありますが、一種の依存的な症状もあって、条件付けのし過ぎは禁物です。
頻度としてはオムツ6:トイレ4、または同じペースで進めていけば自然と、今までの条件付けに両立できるほど身体になじんでいきます。

トイレ以外で快便生活

自分のペースでトレーニングを行い、普段の排便のサイクルも狂わすことなくオムツでの排泄が可能になれば、お漏らしプレイでも出せるタイミングをコントロール出来てより楽しみが増えます。
ぜひ無理なく、今までの条件付けを忘れる事なくトレーニングを積んでみてください。

うんこがメジャーになってきた悲哀

このところうんこが市民権を得過ぎていてなんていうかせつない。
今までその話はしてはいけないかのように扱われていたのに、健康ブームにのってだいぶメジャーになってしまった。
こどもたち向けの商品も昔以上にたくさんある。
俺の知っているうんこはもういない。

それでもスカトロプレイだけは最後のフロンティアとして、秘めたる存在として君臨しつづけている。
それだけが心の安定をはかっている。
ここまでメジャーになってしまったら、俺はどうすればいいんだろうととても不安だ。
自分と愛好家だけの秘密の場所、多くの人に踏み荒らされたくはない。
それが俺の願いだが、そうも言ってられなくなるかもしれない。

だいぶうんこに対して良い印象になったから、逆にスカトロ人口が増えたかもしれない。
研究も進んできているから、病気になりにくいスカトロプレイのやり方もどんどん解明されるだろう。
そう、良いこともきっとある。

保守派は悪いことばかりを考えてしまう。
新しい波を受け入れないと、逆に廃れる可能性もあるのだ。
新しい波を受け入れ過ぎて、ダメになる例もあるが、そうならないように新しい人たちが踏み荒らしすぎないように規制もしていかねばならないだろう。

ただのブームだけで終わらせないように見守ったり、時には何かをしていきたい。

今若者に人気の逆トイレトレーニングの魅力と方法解説

人が生まれて成長する間に必ず習得する能力の一つが排せつ管理能力です。
どれだけ頭が良くて身体能力が高く、他人とのコミュニケーションが高くても、いつでもどんな時でも突然糞便を垂れ流すような人なら社会的成功はあり得ません。

それに動物と同じように所かまわず排泄を行うような人物は、常に下半身を糞尿塗れにしている分臭くて汚くてたまったものではないでしょう。
ですから当然世のすべての親たちは子供の排せつ管理能力をまず伸ばすため、いわゆるトイレトレーニングというものを開始します。

この一人の人間の一生を左右する重大なミッションは、通常オムツからオマルへの移行をベースとして進行するものです。
まずはおむつの中で勝手に小便や大便を垂れ流すことがないように躾けるため、トイレでうんちやおしっこを済ませる習慣を教えるのです。

この当たり前の教育は誰でも簡単にその必要性に納得し、それを受け入れて実際にそういった教育、訓練を進めていくものです。
しかしたとえばこのトイレトレーニングの工程と効果を、そのまま真逆にするトレーニングが存在したとしたらどうなるでしょうか?

オムツからトイレではなくトイレからオムツに移行し、適切な場所で排泄するライフスタイルから所かまわず糞便をぶちまけるライフスタイルに自分を高めていくスタイルです。
そのような冗談みたいなトレーニングは存在しないだろうと考えるのが普通ですが、実は最近の若者はまさにそのような逆トイレトレーニングと呼ばれる訓練を実際に行っている人が多かったりするのです。

そこで今回はそんな人間の退化を後押しするような変態的な訓練の魅力と方法について詳しく解説していこうと思います。

本能を呼び覚ますためのどこでも排泄能力

大人なら誰でも当たり前に習得しているどころか、それに反した行為をすることに生理的な嫌悪すら感じる場合が多い排せつ管理能力。
それを一時的にでも下げてどこでも糞便を垂れ流せる能力を習得するということは、いわば人間と言うより動物としての本能を呼び覚ますような行為と言えます。

そしてその行為を常習化させていつでも好きなだけ発揮できるようになれば、いつでも自分の欲望を解放することができて、大きな快楽を味わえるようになるというわけです。
たとえばオムツを穿いてさえいれば街中でもどこでも意図的に排泄の快楽を味わえるようになれば、日常生活で味わっているあらゆるストレスから解放されるタイミングも自分で自由に沢山作ることができるでしょう。

過去に自分が受けたトイレトレーニングに逆行するトレーニングを自身に施すことは、一般人が体験できない特別な快楽を体験するための最良の近道だと言えるのです。

逆トイレトレーニングの具合的な訓練方法例

では実際に逆トイレトレーニングを行う場合、まずは何から始めればいいのかを考えてみましょう。
ほとんどの初心者はいきなりオムツを穿いてその場で排泄してみようと考えることでしょう。しかし、実際にやってみると分かりますが、人はオムツを穿いたからといってすぐにその場で排泄はできないことが多いです。

自分でも不思議なくらいに、どれだけ強く願ってもなぜかオムツの中でおしっこをすることができず、大便を出すなんてなおさらできない、と思い知る人が初心者には多いのです。
これはもちろんあなたがちゃんと両親から教育を受けた結果であり、身体と常識が強く結びついているからこそ起こる、ある意味正常な身体の反応です。

そのため、まずは自分で望んで失禁することの難しさを理解できたなら、次は一旦プレイをやめて気持ちを落ち着けてみると良いでしょう。
ここで一部の初心者は、焦っているのか単純に知識不足なのか、いわゆるおしがまプレイを始めてしまう場合もあるため注意が必要です。

おしっこやうんちをいくら我慢しても、その我慢と緊張感が逆にトレーニングを邪魔してしまう可能性があるため、無理のある我慢は禁物です。
むしろ小便や大便が通常の状態から自然に漏れてしまうような感覚を意識したり、オムツの中に自然に排泄するシチュエーションを何度もイメージトレーニングすることが大切です。

そういった特に精神的な面で自分を鍛え上げていくことが、実は逆トイレトレーニングでは最も重要なことだったりするのです。
一度オムツの中に意識して排泄ができるようになれば、あとはそのおもらしをする場所を色々変えてみて、どのようなシチュエーションでも快楽が味わえるように地道に訓練を続けていくだけです。

逆トイレトレーニングを本気で研究し、今ではあらゆる場所で排泄と羞恥の快楽を味わえるという若者は最近増えてきていますから、いい年した男性も年配の方も、若者に負けずに良い逆トイレトレーニングを続けて行ってください。

スカトロパートナースカトロ愛好家達の出会いを分析

ANALISKはどんなサイト?

ANALISK

近年、ネットの発達により、アナルプレイをする人口は増えている。
だが、正しい知識もなく見よう見まねでプレイして、怪我や病気に繋がる人も増えている。
恋人を信頼してプレイした場合は不信感が募り、別れの切っ掛けにもなるだろう。

しかし、少なくともアナル出会いサイトの【ANALISK】ではそのような心配は無い。
アナルプレイが好きな人が集まっているので、してはいけないことなどを知っている人が多いのだ。
また、本当に初心者で何も知らなかったとしても、どこまでアナルプレイの知識があるのか確認される機会が多く、調べる切っ掛けにもなる。
リスクは最小限に抑えられる。

ANALISKはどんなサイト?の続きを読む

おしりクラブはどんなサイト?

おしりクラブ

世間ではお尻が好きな人はいっぱいいるが、アナルを好きな人は少ない。
アナルプレイはまだ一般的ではないのだ。

そんなアナル・尻マニアが集まるアナル専門のサイトが【おしりクラブ】だ。
アナル好きしかいないので、簡単にアナルプレイが楽しめる。

おしりクラブはどんなサイト?の続きを読む

スカトロ動画新着!!スカトロ 動画像

スカトロニュース世界のスカトロニュース

スカトロ検索

アクセスランキング

仲良しサイトの更新状況

Copyright©2013
スカトロ伝説
All Rights Reserved.