スカトロ伝説

スカトロ体験談スカトロ出会い体験談 新着記事

「おもらし・脱糞・生理」女性の汚れたパンティに興奮します!

汚パンツ

女性の汚れたパンティに興奮します。変態です。自覚しています。でも罪ではない。
しかしおかしいとは思っていません。

そんな私が変態性癖を満たすためにとった行動は変態サイトで同じく変態相手を探すこと。

女性器はとても敏感な部分で、穴なのでおりものや尿の残存など清潔にしていても下着が汚れます。パンツには縦筋が入り1日履き終わった後には黄色く黄ばんでいます。

それを見ると何故か興奮するのです。

その興奮がどんどん広がり、おもらししてパンティが汚れる、うんこしてパンティが盛り上がる、こんなことにまで興奮するようになりました。

それはその状態を見るのが好きというのもありますが、大の大人がみっともなくパンティを汚してしまうという状態を想像して興奮します。

汚くて興奮します。

それが美人であればあるほど興奮します。

汚く汚れたパンティを履いていたために汚れてしまった下半身もいいですね。臭そうな具合がいいです。たまりません。

こういったことは、日常生活では一切オープンにはしていないですが変態という自覚があるので、変態サイトではバンバン変態性を出しています。SMの世界や、マイナーな世界ではいかに自分の変態性を表に出していくかで、どれだけ性欲を満足させれるかが決まってきます。ここでの遠慮や出し惜しみ、踏みとどまることは一切しません。

気を付けるならば、変態性を全開にしますが相手の様子を伺うことは忘れていはいけません。ここを忘れると相手が付いてこなくなります。

こんな注文普通ならできません。キモがられます。白い目で見られます。もちろんおかしいとは思ってないし罪でもないですがカミングアウトするには社会的ダメージが大きい部分でもあります。
それでも自分の変態欲求を満たすために、そんなことをしてくれる女性と連絡を取り合っています。それが出来るのが変態サイトです。

得に会いたいとかもないので、簡単なプロフィールと写真を送り合い会話はメールのやりとりです。たまに声を聞いたりはする。
女性もそれに抵抗がないM女で、見られる恥ずかしさを感じたり、もっと変態な部分を見せて興奮したりと、それぞれの欲求を満たし合いながら遊んでいます。

実際に会ったりするのは面倒だったり、自分に自信が無かったり、会えばお金がかかったりするし、美人局のようなたかりにも会いたくありません。
生身の人間をどうこうしたいとなると話は別ですが、そんなわけでもないならこれで十分です。女性も楽だと思うし。

現在継続中の命令は、2日、5日、1週間と期間を伸ばし、同じパンティを履き続けると汚れはどうなるのか?もちろん1日でも結構汚れるので、それを連日履くとなると次第に汚れがひどくなってくるのは目に見えています。ですが、実際の状態を見てみたい。またその場合局部はどうなるのか?当然命令として出しているのでどんな状態でも期間内は同じパンティです。それがたとえオナニーして汚してしまっても彼や旦那とセックスしてもです。

同じパンティを履き続けるという精神的ストレスは強烈なもので、会社にいけば周りに臭ってしまわないかという不安にも駆られます。そんな日常生活のことも考えると、また興奮します。

その結果どうなったのかは実に面白かったです。汚さもハンパなかった。感想もリアルでとても興奮しました。気になる方は実験してみてください。面白いので!

今度は膣内やアナルに何かを仕込んだ状態で同じパンティを履き続けるか、パンティ自体に何かを取り付けて常に局部を圧迫している状態のパンティの汚れ具合など観察してみようと思います。

M男とスカトロプレイは楽しいな

M男とスカトロプレイをするって決めたら、しばらく野菜中心の生活になる。
元から野菜好きで肉嫌いだから、あんまり変わらないんだけどね(笑)

お肉でできたうんちの方が匂いが強烈で好きっていうM男もいるから、一概に言えないけど。
食糞させるなら、野菜メインの黄金の方がいいよ。

M男と会う時に便意が起こりやすいように、昼の時間帯に会う。
私はだいたい朝から昼間にうんこ出やすいんだ。
昼間っから何やってるんだろう?って思うけど。
楽しいことだからだいじょうぶ!!

M男がラブホに先に入って、ビニールシートを敷き詰めたりして準備しててくれる。
スカトロマニアだから手際が大変よろしい。
スムーズにできるのっていいよね。
そういう心遣いがこっちもちゃんとやってあげなきゃ!って気持ちに繋がる。

「今日はよろしくお願いします。」
普段は部下に偉そうにしてるらしいけど、私の前ではおとなしい。

穴の開いた専用の椅子に私が座って、その下にM男が口を開けて寝転がっている。
冷たい物飲んだりして便意を催したから、うんこを出す。
M男の口からはあっという間にはみ出して顔に黄金が山盛りになっている。
恥ずかしいけども、そういうの受け入れてくれるM男がかわいい。

「たくさん出たよ!いっぱい食べてね!」
M男の口がもごもご動いて、少しずつ黄金食べてるのが分かる。
うんこを手に取り、M男の体にも塗りたくっていく。
ペニスにもうんこまみれにして手コキしてあげる。

気持ち悪いくらいにクサイけど、気持ちいい。

あるサドが楽しんだマゾ女との過激すぎるスカトロ体験談

スカトロ調教

スカトロジーはSMの極北でありハードSMの花形とも言うべきものです。
SMに興味を持たない多くの一般の男女たちにとっては、スカトロプレイなんて変態が行う気持ちの悪い儀式でしかないのかもしれません。

けれど私のように長年サド調教師としてマゾな女性たちを調教してきた者にとっては、スカトロ調教ほど強い快楽が味わえるものもないと思います。
排泄行為は男女共に幼い頃、大人になる過程で必ずコントロールすることになる行為であり、これは人の一生に深く関わる要素なのです。

ですからこの排泄行為に注目して、それを弄ぶような遊びに励むスカトロプレイは、他のすべてのプレイよりもずっと大きな意味を持つプレイと言えるのです。
このことを理解していれば、自然とスカトロプレイに意識が向くはずなのですが、哀しいことに世間の多くの女性はスカトロを理解せず遠ざけてばかりいるようです。

そんな現状を打開しようと考えている私は、調教師を名乗って以来長く多くのマゾ女性にSMスカトロ調教を施してきました。
たとえばアヌスに大量の浣腸液を注入するプレイや、屋外で小便をさせる露出羞恥プレイなど、実にさまざまな調教を行ってきました。

今回ここではその私の豊富なスカトロ調教経験から、一つ特に記憶に残る過激なスカトロ体験談をご紹介したいと思います。

拡張を極めたM女専用の浣腸器

アナル拡張というプレイが長年高い人気を得ている理由には、アヌスつまり肛門が調教すればするほど驚くような形に変化していくからこそだと言えるでしょう。
と言っても拡張を行えば行うほどアヌスの形がおかしくなっていくというようなことではなく、単純に拡張を上手く続けたアナルは、驚くほどその内部が柔らかく大きく変化できるようになるということです。

なので厳密にいえばアナル拡張というのは腸を拡張する行為と言うこともできるもので、これを極めれば素人が驚くほど大きな物や大量の液体を挿入、注入することができるようになるのです。
たとえば私が特によく覚えている優秀なマゾ女は、男の腕の二倍くらいはある大きさの浣腸器で、カエル腹になるまで大量の浣腸液を注入できたのでした。

浣腸器と聞くとなかなかその見た目をイメージできないかもしれませんが、分かりやすく喩えれば、それはいわばとても大きな注射器のような見た目をしています。
しかしもちろん先端は針ではなく、イチジク浣腸などと同じように程よい柔らかさと丸みを帯びた構造になっており、それを使って怪我をするということはなかなかないように出来ています。

ただ無理をすると体にさまざまな被害をもたらしてしまうという意味では危険なその大きすぎる浣腸器を、見事に尻穴で受け止めて、しかも中身の液体までほとんど飲み込んでしまうドMな女が過去に居たのです。

巨大浣腸器による責めに悦ぶ女

彼女は幼い頃からアナルオナニーに慣れ親しみ、二十代後半になった頃には信じられないくらい大きなアナルプラグやアナルパールを挿入できるくらいにはアナル拡張を成功させていた人物です。
アヌスから大量の浣腸液を注ぐと、普通の女性は悲鳴を上げてしまうものですが、彼女はむしろ注入している間ずっと艶のある声を出していました。

しかもほとんど注入し終わったあと、アナルプラグで栓をしている最中もずっと興奮した様子だったのはよく覚えています。
私はドSな調教師ですから、当然その姿のまま放っておくことはせず、そのまま腹を撫でたり様々な感じる部位を責めたりして、彼女を存分に弄びました。

そういった一見すると優しい責めは、排泄管理の上で行うと今にも排せつしてしまいそうな女にとっては過激すぎる責めとなってしまいます。
しかしそんな過激なプレイも全てよく調教されたマゾヒストにとっては苦痛である以上に快楽に感じてしまうもので、最終的に彼女は私が予想していたよりも長い時間をかけて排泄管理に耐え抜きました。

そして最後の最後に注入した浣腸液を全て排せつする瞬間は、その量もさることながらリアクションも迫力があってとても刺激的な体験となりました。
今思い出してもあれほどの大きさの浣腸器と大量の浣腸液に耐え、最後に気持ち良く排せつした女はあの女だけだったかもしれません。

長年スカトロプレイを楽しんでいると、そういった驚くような才能を持つSMパートナーとも突然出会うことができたりするものなので、スカトロプレイに興味を持つ男性は誰もが一度は真剣にスカトロSMパートナー探しに励んでみるべきではないかと思います。

スカトロパートナースカトロ愛好家達の出会いを分析

Anal CRIMSONはどんなサイト?

Anal CRIMSON

アナルプレイはアブノーマルプレイとして一般人への認知度はかなり高くなっている。
興味本位でやマンネリ打破でやってみようとするカップルも少なくない。
だが、やはりアブノーマルなのでパートナーが嫌がることも多い。

そこで今回紹介する【Anal CRIMSON】はアナルプレイ、アナル拡張、浣腸プレイなどアナルに特化したプレイが好きな人が集まるサイトだ。
ここでアナルプレイパートナーを見つけるのが無難である。

Anal CRIMSONはどんなサイト?の続きを読む

倒錯病院SM診療室はどんなサイト?

倒錯病院SM診療室

スカトロの入り口として、医療プレイから入る人も多い。
実際の病院で浣腸やカテーテルなどを経験して、目覚める人も多い。
だが、医療プレイパートナーを見つけるのは難しい。

そんな医療プレイが好き、スカトロプレイも好きな人に向けたコミュニティサイトが【倒錯病院SM診療室】だ。

倒錯病院SM診療室はどんなサイト?の続きを読む

スカトロ検索

アクセスランキング

仲良しサイトの更新状況

Copyright©2013
スカトロ伝説
All Rights Reserved.