おしっこ | スカトロ伝説

聖水プレイで死にかけた話

女の子がおしっこをしてる様子を見たり、おしっこを浴びたり、飲んだりする変態行為「聖水プレイ」。
そのプレイに対して限りない興味があった私は、ついに風俗店のオプションで初の聖水プレイを堪能し、より聖水プレイへの高感度は上がっていきました。
最初に経験したのはおしっこを浴びるだけのプレイでしたが、いよいよ飲んでみたくなってしまった私は飲尿オプションに挑戦。
飲尿をしたことがある人によって、おしっこの味の表現は様々ですが、この時私が飲んだおしっこはしょっぱいというか塩辛いというか、喉に引っ掛かる味です。
人肌にぬるい感じも、口で受け止めた際にわずかに泡立つ感じも、色々総合しておしっこ自体は飲みにくい物という感想でした。
ニオイの方も、どこかのトイレで嗅いだことがあるようないやらしい臭いがします。
この臭さと苦みに耐えて飲み干す自分に酔い、女の子の身体から分泌されたものが自分の身体に入って全身へと染みわたっていく感じに興奮しました。
おしっこを飲んだ後は、塩辛い物を食べた後のような、逆に喉が乾く感覚になります。
鼻の中には常に独特の臭いがあり、口の中もうがいをしないと常におしっこの風味が残ったままです。
口臭もやはりおしっこ臭さが残るので、飲尿後はブレスケアが重要。
うがいや歯磨きが甘いと、翌日は強烈に口臭がひどくなります。
また、人によってはお腹を下してしまう事があるそうですが、私の場合はそういったことは無かったです。

そんなこんなで飲尿プレイにハマり風俗通いをしていた私にも、ある時彼女が出来ました。
足早に彼女との初セックスを済ませて1か月もたたないうちに、彼女におしっこを飲ませてほしい事、そういう性癖がある事を打ち明けました。
最初はかなり嫌がっていたのですが、こちらの熱意に負けたのか飲ませてもらえることに。
はじめて好きな相手のおしっこを飲める期待と興奮が入り混じり、飛び上がりたいテンションを抑えてラブホへ行きました。
そしてラブホのお風呂場でお互い裸になり、喰いぎみに私は床へ仰向けに寝転びます。
私の頭部をまたがせ、マンコが私の顔に密着しない程度にしゃがませて準備は完了。
「このままおしっこかけるの?」「口に上手く狙えるかな」
などと最初はかなり恥ずかしがっていた彼女も、何だかんだこちらの望みを叶えてくれようとしている姿に惚れ直しました。
そして待望の飲尿の時。
口を開けてアホ面になりながら待機しつつ、中々出せない不慣れな彼女を見て、やはり人の顔におしっこを平気でかけれる嬢ってすごいな、と思いました。
しばらくすると点々と緩やかに放尿をし始め、何滴か額や頬に落ちましたが私の口に上手くコントロールし、ジョロジョロと本格的な放尿が始まると確実に口内を狙って注いでくれるようになりました。
風俗でしか経験して来なかった、あの人肌にぬるい液体が口の中に入って満たされていく感じ。
すべて出し切ったのを確認して、まずは半分だけごっくん。
喉を鳴らして鼻で息を吐くと、おしっこの味や風味が広がります。
しかし今までとは感じたことのない苦み、たとえるなら海水を飲んでしまった時のような、苦痛が喉と口内に走ります。
今までに感じたことが無い強い塩辛さを感じ、焼けるような感覚が後を追ってやってきました。
驚いた私は思わずむせてしまい、その時気管支へおしっこが流れ込み、焼けるような苦痛の中で激しく咳き込んでしまってもはや呼吸困難な状態です。
彼女が何かしら声をかけてくれてたような気もしますが、苦しみでお風呂場をのたうち回る事しかできません。
おそらく数分は悶え苦しんでいたと思います。
彼女も涙目になりながら介抱してくれました。
後で知ったことですが、飲尿オプションのある風俗などでは事前に塩分を極力取らず、水分を多く摂ってしっかり準備するとの事。
少なくとも通っていた風俗店はそういう対応をする良いお店でした。
個人差や直前に飲食したものにもよりますが、おしっこはもともと塩分が含まれており、海水並みに塩分濃度が高い時もあります。
それを飲むと身体から水分を奪っていき、腎臓に多きなダメージを与えるそうです。
塩分を下げて飲尿用に準備したおしっこでも、本来であればあまり飲むべきではないものなのに、未処理のまま飲んでしまった私。
身体が思わず拒絶反応をするぐらい、塩分の高い水分を摂取することは危険なのです。

毎日うんこを観察して報告するアプリ

あくまで医療をテーマにした、健康診断系のアプリがあります。
誰に報告するワケでもないのですが、毎日排便したウンコの状況を観察・記録。
しっかりとした情報をもとにしたデータベースと照合し、体調管理や大腸がんの予防・早期発見につながる診断ツールとして重宝します。
また医学的なコンテンツに関しては、実際に医療の現場で働く医師が監修しているため、信頼できる情報としてアドバイスを受ける事ができます。

今回は趣向を変えて、健康的な観点からウンコの報告プレイを行える、オススメアプリ・ゲームを2つ紹介。
最近ではコロナウイルスの感染拡大もあり、ただのプレイに留まらない体調管理としてのウンコ観察をしてみませんか?

ウンログ

累計60万DL突破という人気のウンコアプリ。
便秘になりがちな女性ユーザーの利用者が多く、美容やダイエットもサポート出来るウンチ観察アプリです。
毎日のウンチを色、形、量、ニオイなどのパラメーターで記録し、スコア化して健康管理の面からアドバイスをもらえます。
ウンチだけでなく、おしっこの様子も記録して健康管理に役立たせることも可能。
ユーザー間でのやり取りもできる「ウントーク」なるSNS機能もついており、情報交換や交流などもできます。
ウンログ独自の機能は、ウンチップと呼ばれる毎日のウンチ記録でもらえるチップをためる事で、Amazonポイントに交換できるシステム。
毎日のウンチ観察でポイントがもらえるなら、記録が習慣になれば気付いた時にはお小遣い程度に溜まってお得感を味わえるかも知れませんね。

うんコレ

現在ios、Androidのストアで情報を確認する事ができませんでしたが、ウンコをテーマにしたスマホゲームとして「うんコレ」を紹介。
ウントピアという世界で、メディウムと呼ばれている巫女たちに腸内細菌を装備させて敵と戦うゲームです。
開発が「日本うんこ学会」という非営利団体で、大腸癌啓発を大きく掲げる団体が多くのボランティアを募って制作されました。
こちらのアプリも、ウンチの色や固さ、排便したかしていないかなど、毎日のウンコの状態を記録し、楽しく遊びながら日々の健康診断に活かせるツールです。
すべてボランティアで作成されているとはいえ、キャラクターのイラストやゲームシステム、ストーリーは全編フルボイスという高水準なつくりになっているようです。
残念ながら2020年4月現在、iosとAndroidどちらのストアにもリリースされておらず、公式HPにも2019年で情報が止まっているため、どうなっているのかは不明です。

https://unkore.jp/

うんこアプリで遊ぶ時の注意点

紹介したアプリだけでなく、トイレでウンチをするときはスマホをいじって時間をつぶしがちです。
スマホをトイレに持ち込む際や、トイレ内でスマホを使う注意点などをまとめました。

ウンチはトイレのフタを閉めて流す

世間を騒がせている新型コロナウイルスは、感染者のウンチからも検出されているそうです。
そして排便後にトイレのフタを閉めずに水に流すと、細菌やウイルスは頭上近くまで舞い上がります。
その舞い上がったウイルスは、個室内で1時間以上漂い空気中に滞留する可能性もあるので案外バカにならない危険性。
コロナウイルスでなくても、ノロウイルスやインフルエンザなどの予防にもつながるので、ぜひ流す前はフタを絞める習慣を付けましょう。

拭いたら手洗い・スマホも消毒

トイレットペーパーでお尻を拭いた後、すぐにスマホをまた触ってしまうのも危険。
トイレットペーパーを貫通して手に細菌が付く可能性がある分、手を洗わずにスマホを触ると菌がうつってしまう事もあります。
一説には10枚重ねたトイレットペーパーでも貫通して菌が手に付着する事もあるのだそうです。
なので用を足した後はすぐに手を洗う事。
出来ればスマホもトイレから出たら消毒しましょう。

カテゴリ:スカトロニュース

オムツで浣腸・脱糞プレイにハマったら変態になった話

大人用のオムツを履いて、赤ちゃんプレイや野外でのお漏らしプレイにハマり、色々やらかしちゃった体験談。
当時、少しだけヘンタイだった私は赤ちゃんプレイというものに興味を持ち、都内の某風俗店で体験できると知ってサービスを受けに行きました。
その時の戦果は惨敗。
オムツを履いて、嬢によしよしされながら哺乳瓶でホットミルクを飲ませてもらい、ガラガラおもちゃで遊んだり、おしゃぶりを咥えてハイハイしたり、赤ちゃんになりきったプレイ自体は楽しめました。
しかし、プレイ中盤のイベントでオムツを履いたまま排尿または排便をしても良いというものがあったので、私も排泄しようと試みましたが中々に出てくれません。
ウンチもおしっこも、それなりに体内にある感覚はあったのですが、下半身が上手く言うことを聞きませんでした。
そして一滴も、ひとかけらも出ないままプレイ時間は終了。
ちゃんと出せなかったという結果に、不完全燃焼した気持ちでモヤモヤしながら家に帰りました。

しばらくたってもう一度、同じお店で赤ちゃんプレイのお漏らしコースを予約。
前回のリベンジに、今度こそ脱糞あるいは排尿してみせると息巻いてお店へ向かいました。
そして結果は惨敗。
またしても何も出ないまま、課題の残るプレイとなりました。
そしてどうすれば出せるようになるのかを考えた末、イチジク浣腸で便意を呼んでウンチを引き出す作戦を思いつきます。
早速、オムツと早速イチジク浣腸をポチって自宅でトライ。
浣腸後にすぐオムツを履いてお風呂場で待機していると、便意が確実に迫ってくるのが分かりました。
ついに出る、出てしまう、といった感情の中、念願だったお漏らしを見事成功させます。
やってしまった感や背徳感、達成感や高揚感など色んな感情が入り乱れました。
そしてイチジク浣腸の効果に驚き、しばらくは常用することになります。

浣腸してオムツに脱糞しているうちに、自然と浣腸無しでも出せるようになりました。
便意が来たらどんな状況でも平気でウンコ漏らせるテクを手に入れたのです。
風俗のお漏らしコースに通う回数も多くなり、新しい世界を開拓できたような気がして楽しい日々でした。
ところがしばらくしたある日、プレイ中でもなんでもない仕事の帰り道で壮絶な便意を催し、近くのコンビニで済ませようと入店した所で力尽きて大量に脱糞。
自分の見積もりでは、もうちょっと我慢できる余力はあると思いましたが、コンビニに付いた気の緩みから油断し、出してしまいました。
加えて、ここ最近のお漏らしプレイで肛門がユルくなっていたのも漏らしてしまった原因の一つと推測。
幸い店内に他の客は奥の方に居たためバレませんでしたが、脱糞の瞬間に同時に出たオナラの音は、レジにいた店員さんには確実に聞こえたでしょう。
恥ずかしい思いとバレたらどうしようという緊張感、そして何故か興奮している自分に疑問を感じながら、トイレへ入りパンツを処理しました。
それにしても一体あの興奮は何だったのか。
またしてもモヤモヤした気持ちと恥ずかしさ、もうこのコンビニには行けないという喪失感に苛まれながら家に帰りました。

それから何日か経ち、私は自分のタイプであるカワイイ女の子がバイトをしているレジに並んでいました。
もう常連として認識されているらしく、気のいい兄ちゃんといったキャラクターとして定着していたと思います。
レジの時に軽く話をして、彼女が商品を補充している時にも世間話をする程度。
どこでもよく見かける、カワイイ店員にデレデレした客とその店員のほのぼのした関係でした。
一つおかしな所があるとしたら、私はその子と話している時はオムツを履いてこっそりウンコしているという事。
じつは、あのコンビニでのガチお漏らし事件の際、人前で漏らして興奮したことで、まったく新しいプレイを思いついたのです。
それは好きな人の前でバレないようにウンコをすること。
出した後は長話せずに颯爽と店を出ないと、臭いが充満してきて怪しまれるため、程よい所で切り上げるのがコツです。
さらに音でバレる事を避けるため、オナラとウンコを分けて排出する術も身に着けました。
今でも便意が近づくと、決まってあの子のいるコンビニへ、コーヒーを買いに行きます。

スカトロパートナースカトロ愛好家達の出会いを分析

スカ to ROSEはどんなサイト?

スカ to ROSE

変態プレイも徐々に認知度が高まってきたとはいえ、スカトロパートナーとなるとなかなかいないのが現状だ。

そして、多くの男女は男が攻め、女が受けという構図であり、その逆は少ない。
スカトロ界でも大半はS系の男がM系の女にうんこを塗りたくったり、食わせたりするのが主流だ。
逆の女王様や痴女の黄金を受身系マゾ男子がいただくという願望を持った者は数少ないのである。

そこでその少数派に向けたスカトロ出会いサイトが今回紹介する【スカ to ROSE】だ。

スカ to ROSEはどんなサイト?の続きを読む

おしりクラブはどんなサイト?

おしりクラブ

世間ではお尻が好きな人はいっぱいいるが、アナルを好きな人は少ない。
アナルプレイはまだ一般的ではないのだ。

そんなアナル・尻マニアが集まるアナル専門のサイトが【おしりクラブ】だ。
アナル好きしかいないので、簡単にアナルプレイが楽しめる。

おしりクラブはどんなサイト?の続きを読む

スカトロ動画新着!!スカトロ 動画像

スカトロニュース世界のスカトロニュース

スカトロ検索

仲良しサイトの更新状況