おしっこ | スカトロ伝説

心理的に行う逆トイレトレーニングで快適なおもらしプレイを

ガキの頃はあれだけオネショやお漏らしを繰り返していたのに、大人になったらしようと思ってもなかなかにできる物ではありません。
それは、脳の記憶に、おもらしはしたらダメなもの・恥ずかしいものと根深く怨念のように絡みついているからで、それを払拭するにはかなりの集中力が必要なもの。
しかし、逆トイレトレーニングという言葉もある通り、ある程度の訓練を積めばお漏らしやオネショも可能ではあります。
肉体的なトレーニングより、精神的、心理的な部分も多いこの逆トイレトレーニングについて、まとめてみました。

「条件付け」を振り払う

人間は物心ついたころから、おしっこやウンチはトイレでするものと認識しています。
便意が来たら、トイレに行き、排泄という動作を毎日毎日繰り返してきたことで、「トイレ以外の場所では排泄しない」という習慣もついています。
これを条件付けと呼び、この条件を振り払ってあげるのが最初のステップとなります。

「排泄はトイレでするもの」「トイレ以外では排泄しない」を振り払うと表現しましたが、完全に記憶の削除をしたのでは日常生活に支障が出るし、現実的にまったくのゼロにすることは難しいです。
幼いころから根付いてきた「条件付け」に対して、もう一つ「条件」を付けてあげるイメージで訓練しましょう。

オムツで新しい条件付け

「排泄はトイレでするもの」「トイレ以外では排泄しない」という条件付けを振り払うのには、まずはオムツを穿いてトイレ以外で排泄するトレーニングから始めましょう。
これから新しく、「オムツを穿いていれば排泄しても良い」を追加するニュアンスです。
この条件をどう呼ぶかは、人によって様々なので、自分がイメージしやすい名称で大丈夫です。
ここまでの説明で、理屈は何となく理解できたと思います。

オムツで実践

実際にオムツを穿いて、トイレ以外での排泄にチャレンジしていきましょう。
最初は意識して出そうとしても無意識に体が拒絶します。
無理に出そうとしても体力と神経を消耗するだけなので、一番最初の「条件付け」を使ってみるのもコツ。


便意がある状態で、オムツを穿き → トイレに行ってズボンだけを下げ → 便座に座る。

こうする事で長年在り続けた条件をクリアしたのと同等の心理状況を作り出し、オムツを穿いたままでも排便を促す事が可能です。
何よりもまずは、オムツを穿いていれば排泄しても良いというを条件づけましょう。
また、自分にとって、一番やりやすい方法があればそちらで実践すべきだと考えます。

オムツの中で排便をする行動を繰り返していく中で、オムツを穿いている間は排尿しても良い、という事が学習されていき、 オムツを穿いている状態ならば意識的に排泄できるようになっていくのが実感できると思います。

オムツで排泄ばかりにしない

人によってはオムツでの排泄を条件付けしてしまうと、通常のトイレでの排泄がし辛くなる方もいます。
全く出来なくなるという事態はあまり起こりづらい事ではありますが、一種の依存的な症状もあって、条件付けのし過ぎは禁物です。
頻度としてはオムツ6:トイレ4、または同じペースで進めていけば自然と、今までの条件付けに両立できるほど身体になじんでいきます。

トイレ以外で快便生活

自分のペースでトレーニングを行い、普段の排便のサイクルも狂わすことなくオムツでの排泄が可能になれば、お漏らしプレイでも出せるタイミングをコントロール出来てより楽しみが増えます。
ぜひ無理なく、今までの条件付けを忘れる事なくトレーニングを積んでみてください。

人工マンコのニューハーフのおもらし

おもらしやおしっこフェチだから、そういう人のいるコミュニティに入った。
自分のフェチはかなり偏ってて変態だと思ってたけど、こういうコミュでは全然普通。
上には上がいる。
自分なんてまだまだだと思い知らされた。
まぁ、他人は他人、自分は自分、各自の違い、それぞれで楽しめばいい。
って気づくまでに時間はかかったけど、それでも気づいただけエライぞ、自分。

人工マンコのニューハーフのおもらしの続きを読む

オムツ生活開始とオムツの限界に挑戦した話し

オムツ

赤ちゃんプレイでもなく、スカトロプレイでもなく、オムツが好きな私は、赤ちゃんプレイ希望のM女をつかって野外オムツプレイをしました。
お互いにやりたいことにちょっとのズレはあったものの、共通してオムツが好きということでやり始めたのがきっかけです。

室内での調教は彼女に合わせて赤ちゃんプレイをして遊びます。ベビー服に身を包んだ彼女をお世話しました。

初めはプレイの間だけ、室内だけのオムツを履いたプレイ。調教が進むにつれてどんどん進化していきました。

一日中オムツ生活の開始

もちろん仕事中も友達と旅行に出かけててもオムツです。常にオムツです。
そして、オムツを交換できるのは一日一回。その間どれだけおしっこをしても、うんこをしても交換することはできません。

初めはプレイ中だけだったのが一日になり彼女はかなり不便を感じているようでした。どんな服装をしてもオムツで尻周りだけが膨らむので着られる服装が限られる、仕事の制服も尻周りだけ膨らみ妊婦と間違えられる。

なおかつ、どれだけ蒸れようが臭かろうがオムツ交換ができない。その臭いオムツを一日が終わるまで履き続けなければならない。

AVで見たことはあっても実際にやると驚くほど生活が不便。恥ずかしい。そして、そんな不便さや恥ずかしさを越え、それが日常になると次第に快感に変わってくるのである。不思議なことに。

一日中オムツ生活で一番大変だったことを聞いてみると、それは臭いだった

オムツの吸収性は高く数回のおしっこは吸ってくれるし生理の時は出血しているのでそれのことを考えるとさほど気にならなかったが、うんちをした時だ。うんちは固形なのでもちろん吸収されることはなくオムツ内にべちょっと広がる。その日の体調によってはコロコロうんちのときもあるし、柔らかい時もある。
とくに柔らかいうんちのときの臭いは自分でもわかるくらいなので周りの人に気付かれているかもしれないという心境で過ごさなければならない。コロコロうんちは硬いのでオムツ内で動くなどとても不快だったそうです。

流石に仕事中は周りの迷惑にもなっているかもしれないのでオムツはそのままでうんちの処理だけは許した。
それでも汚れたオムツに汚いマンコと糞まみれのアナルには変わりなく、毎日その様子を報告させた。

そして、二人で出かけるときはなるべく人の多いところに出かけた。移動はバスや電車を使い、人が密集している場所には喜んで行った。
おもらしする恥ずかしさと匂い漏れの恥ずかしさを味合わせるためだ。

排泄については成長するにつれトイレまで我慢するというのを覚えるが、オムツを着用しいつでもどこでも排泄が出来るという状況になっても案外できないものである。
いつでもどこでもできるようにするのに逆に訓練が必要なのだ(笑)
トイレ以外で漏らしてしまった、出してしまったという罪悪感にも似た感情と、大人のプライドをへし折るのだ。そして訓練が進むとしたいときにするという素直な気持ちを思い出し、プリプリ、シャーと排泄するのです。

面白かったのが、お酒を飲むとおしっこの回数が増えますよね?オムツ生活に慣れた大人がお酒を飲んで酔っ払うとオムツの中にジャンジャンおしっこをするのです。どんなに酔っぱらっててもおもらしをする大人はいないと思います。しかし、オムツ生活に慣れた大人はおしっこしたい=すぐ出すに無意識のうちにやってしまうのです。
オムツに慣れるとオムツが手放せなくなりますね!不安になるから( *´艸`)

今回はオムツ生活の開始とオムツの限界に挑戦ということで、オムツの限界は一日中履き続けても対応できるという日本の製品の高さを改めて感じました。
とは言えうんちのみ排泄したら捨てているので限界に挑戦できたのかどうかと考えるとちょっと残念な部分もあります。

カテゴリ:M女性

スカトロパートナースカトロ愛好家達の出会いを分析

スカ to ROSEはどんなサイト?

スカ to ROSE

変態プレイも徐々に認知度が高まってきたとはいえ、スカトロパートナーとなるとなかなかいないのが現状だ。

そして、多くの男女は男が攻め、女が受けという構図であり、その逆は少ない。
スカトロ界でも大半はS系の男がM系の女にうんこを塗りたくったり、食わせたりするのが主流だ。
逆の女王様や痴女の黄金を受身系マゾ男子がいただくという願望を持った者は数少ないのである。

そこでその少数派に向けたスカトロ出会いサイトが今回紹介する【スカ to ROSE】だ。

スカ to ROSEはどんなサイト?の続きを読む

あかちゃんといっしょはどんなサイト?

あかちゃんといっしょ

赤ちゃんプレイで必須とされるものはオムツ、おもらしだ。
ただオムツプレイやおもらしプレイが好きだからと言っても赤ちゃんプレイが好きなわけではない。
赤ちゃんプレイが好きな人はオムツ、お漏らしプレイが好きではあるが。

そんなオムツやおもらしプレイ、赤ちゃんプレイが好きな人たちが集まるサイトが今回紹介する【あかちゃんといっしょ】だ。

あかちゃんといっしょはどんなサイト?の続きを読む

スカトロ動画新着!!スカトロ 動画像

スカトロニュース世界のスカトロニュース

スカトロ検索

アクセスランキング

仲良しサイトの更新状況

Copyright©2013
スカトロ伝説
All Rights Reserved.