女装・ニューハーフ | スカトロ伝説

人工マンコのニューハーフのおもらし

おもらしやおしっこフェチだから、そういう人のいるコミュニティに入った。
自分のフェチはかなり偏ってて変態だと思ってたけど、こういうコミュでは全然普通。
上には上がいる。
自分なんてまだまだだと思い知らされた。
まぁ、他人は他人、自分は自分、各自の違い、それぞれで楽しめばいい。
って気づくまでに時間はかかったけど、それでも気づいただけエライぞ、自分。

人工マンコのニューハーフのおもらしの続きを読む

誰にも言えない男の娘な僕のヒミツのスカトロ体験談

「カワイイね」
と言われたくて女の子になりきる僕は、いわゆる男の娘。男の娘ってゲイなの?オカマなの?っていわれるけれど、自分でもよくわからない。男の格好をして男として生活している時は女の子が好きだけれど、男の娘の時は男性も恋愛対象に入っちゃう。

そんな僕は男女問わず周りの友達にも男の娘趣味がある事をオープンにしている。っていうとイジメられたりしないの?距離を置かれたりしない?って思われる事も多いけれど、全然そんな事はなくて、友達と遊びに行く時もその日の気分によって、男の格好で出かける事もあるし、男の娘として出かける事もある。男の娘として遊びに行く時はみんなカワイイと言ってくれるし、男友達も彼女が出来た気分だと喜んでくれる。

ここまで僕が受け入れられるのは多分、完成度が高いからかもしれない。元々中性的な顔だからお化粧してもあまり違和感がなくて、いわゆるオカマ顔にはならないし、自分から言わなければ男だとバレた事もない。もし、僕が男丸出しの男の娘ならイジメられてたかもしれないな。

完成度の高いオープンなリア充男の娘。表向きはそんな僕だけど、実は友達には絶対に言えない秘密もある。それはスカトロ趣味があるって事。特に男の娘になった時に全身ウンチまみれにされるとすごく興奮しちゃう。そんな僕が最近体験したスカトロプレイの話。

「ねぇ、コレ、着てくれる?」
差し出されたのはセーラー服。スカトロプレイをする時に自分の服が汚れると洗濯してもなかなか汚れが取れないから、こうして準備してくれるのはとても嬉しい。僕は早速セーラー服に着替えておどけながらいくつかポーズをとった。そして自然とお互いエロモードになってキスをしながら体を弄り合う。
「ねぇ、ウンコ出そう?」
相手の男性――ケンジは僕の肛門をグリグリと指で刺激しながら耳元で囁いた。
「ううん…」
「じゃあ浣腸使おうか」
スカトロ好きの人はプレイに合わせてタイミングよく自力でウンチを出せる人も多いのだけど、僕はまだそれができない。なので、基本的には浣腸を使って排便を促していた。

「ほら、お尻突き出して肛門見せて」
四つん這いにされ、セーラー服のスカートをめくられた僕は浣腸を受けた。お尻を突き出して肛門を晒すのはすごく屈辱的で恥ずかしい。けれどそれもなんだか快感。浣腸液が腸内に浸透し始めると、じわじわとお腹が痛み出し、腸全体が一斉に活動し始めるのを感じる。5分もしないうちに便意は直腸までやってきた。

「もう出ちゃいそう…」
「もう少し、もう少しだけ我慢してくれる?」
ケンジは少し慌てるような口調でそう言って服を脱ぎ始めた。僕は肛門を締め付け、尻肉に力を込めながら耐えた。全裸になったケンジは、四つん這い状態の僕の足の間に自らの足をくぐらせる格好で座り、僕のお尻を両手でしっかり掴みながら体勢を整えた。
「もういいよ、我慢しないで一気に出して」
四つん這い状態の僕からはよく見えなかったけれど、ケンジの顔は僕の肛門前に。
「出すよっ…、ウンチ出るところしっかり見てね…」

ブリブリブチュブリブチュチュチュチュ~!!!
解放した肛門からウンチが大量に噴射された。あまりの開放感に僕は全身から力が抜けた。そして改めてケンジの方へ振り返る。予想通り、顔面が僕のウンチが飛び散り、髪からも糞汁が滴っている。下腹部にはウンチの塊が転がっていて、ケンジのチンコは勃起していた。
ケンジはその塊の一つを手に取ると、自分のチンコに擦り付けながらしごき始めた。それを見て僕のチンコも反応してしまう。僕はケンジと向かい合わせになる形で体を密着させるように座り、ウンチまみれになったケンジのチンコに自分のチンコを擦り合わせた。

ヌチュヌチュヌチュ
ウンチがべっとりこびりついた手でケンジは僕のチンコもしごき始めた。しごくたびにウンチの臭いがキツくなり、僕はさらに興奮してしまう。
僕は今、自分のウンチをチンコに塗りたくられてしごかれている…そう思うと、もっともっと汚されたい。全身ウンチまみれになって大きなウンチの塊になってしまいたい…という衝動に駆られてしまった。
「もっと汚して…今度はケンジさんのウンチで全身ウンチまみれにしてほしいよ…」
「オレの今日のウンコ、めっちゃクサいよ?いいの?」
「うん、臭くして…臭いウンチでベトベトのグチョグチョにして…!」

仰向けになった僕の顔の上にケンジが跨がる。
ブリブリブスッブリブッスンブリ
肛門が開いた瞬間からすさまじい臭いが鼻を犯した。そして肛門はミチミチと音を立ててウンチをひり出し、僕の顔に迫ってきた。
顔面が生暖かくねっとりした感触のウンチで埋め尽くされていく。全部口にするのは無理だけど、少しだけでも食べてみたい…舌を伸ばすと強烈な苦味と共に甘みが口いっぱいに広がる。きっとコレは肉を食べたウンチの味だ。

ケンジは僕の顔面にウンチを全てひり出すと顔全体に塗りたくり、続いてセーラー服の上、服をめくり上げて胸からお腹へと全体的に塗り広げていく。下半身は自分のウンチ、上半身はケンジのウンチで僕は文字通り全身ウンチまみれになった。
あぁ、僕は今ウンチで汚されてる…全身臭くて僕自身が大きなウンチになった気分…
「ケンジさん来て…」
僕はケンジを抱きしめて上下に体を動かし、ケンジの体にもウンチを擦り付けた。そしてどちらからともなく、チンコに手を伸ばし、激しくピストンさせた。
「あっ、イクっ…!」
僕とケンジはほぼ同時に射精した。

ウンチまみれになりながら興奮してチンコしごいて射精するなんて、友達には絶対に言えないけれど定期的にスカトロパートナーを見つけてこっそり楽しんでる僕です。

ウンコ好きニューハーフにスカトロ開花させられました。

スカトロニューハーフプレイ ボクはニューハーフのえみりのチンポを、それもボクのウンコまみれになったチンポを夢中で舐めしゃぶりました。これがボクのスカトロ初体験です。

事の始めは2年前。アナル好きが高じてニューハーフにアナルを掘られる事に悦びを感じていたボクは、ニューハーフヘルスやニューハーフ専門出会いサイトなどで知り合ったニューハーフのお姉さんにアナルを犯してもらっていました。

当初はスカトロには全く興味はなく、アナルを犯してもらう時も事前に腸内洗浄を行い極力清潔にしていましたし、それがアナルを犯してもらう時のマナーだと考えていました。しかし、そんな価値観を覆したのがえみりでした。

えみりとの出会いは出会いサイトです。見た目が好みだったのでアプローチして数日後に会う事となりました。実際に会ってみると想像していたよりも背は高めだったけれど、見た目は事前に確認していた写真と変わらない目鼻立ちのはっきりした美人でした。

そして、えみりはとても積極的でした。ラブホの部屋に入室した瞬間から荒々しく唇を奪われ、股間を弄られました。これまでニューハーフのお姉さんとは何人も関係をもってきましたが、ここまで積極的な相手は初めてでした。ボクの手を取られ、えみりの股間へと押しつけられます。えみりのチンポは既にビンビンでボクの手の中でひときわ存在感を増していました。
このチンポでこれからアナルを犯されるんだ…と思うと、ボクのチンポもアナルも一気に疼き、あぁ、今すぐにでも入れて欲しいという感情に駆られてしまいました。

ボクはいつもプレイの直前に腸内洗浄を行います。予想以上に早くその気にさせられたボクは、早々に腸内洗浄をしようと思ったのですが、えみりに止められました。
「そのまましたいの。ちんちんでアナルの中のウンチかき回しながらしたい」
「えっ…!?」
「やっぱり気持ち悪い?」
えみりからの突然の提案。ボクは戸惑ってしまいました。アナルに目覚めてから、多分普通の人間よりはウンコに対する抵抗は低いと思います。それでもウンコは汚いものという認識に変わりはありません。この認識が当然だと思っていたので、気持ち悪いというより、何故?という疑問を感じました。
「苦手なら残念だけどこのまま帰るしかないよね…」
答えに窮していると、えみりは申し訳なさそうな声色を出しながらも、どこか突き放すような口調でこう言いました。ここまで来て、そしてこの状況で帰るの!?予想もしなかった展開にボクは混乱しました。
「いや、ちょっと待って…」
気持ち悪いというよりびっくりしただけ。というか、チンポもアナルももうヤル気満々なのにここでお預けなんて… ウンコを受け入れる方がマシでした。
「大丈夫、いいよ」
「ホントに?よかったぁ!」

ヌチュグチュジュチュヌチュグチュジュチュ…
えみりの舌がボクのアナルを舐め回します。これまでもアナル舐めをしてもらった事はあるけれど、アナルの中にまで差し入れてかき回された事はなく、汚くないのだろうか…という思いもありましたが、えみりは気にする事なく、むしろ嬉しそうに時折唾液を流し込みながらボクのアナルとディープキスを楽しんでいます。
「ほあ、ほほにうんひああうよ(ほら、ここにウンチがあるよ)」
最大限に差し入れられた舌先でつつきながら指摘されると、恥ずかしさと共に妙な感情がこみ上げてきます。それは、生暖かい舌が腸壁を押し広げる初めての感覚とも相まって、新たな快感となりました。
もう…、早くチンポでグチャグチャにかき回されたい…ウンコまみれになってもいいから、無茶苦茶にされたい…
「もう…チンポ入れて…」
ボクは自ら尻肉を両手で割り開いて懇願しました。

「あっ…あっ…あっ…あぅ…!」
えみりのたくましいチンポで貫かれるたびにアナルの最奥が疼き、全身が熱くなるのを感じました。けれど、洗浄していないのでやっぱりチンポにウンコがこびりつくのかピストンするたびにウンコの臭いが空間に漂います。本来なら不快な臭いだと感じるそれは、この時のボクには興奮をアップさせる臭いとなっていました。

それでもウンコが漏れそうになると、条件反射で思わず肛門を締めてしまいます。
「いいよ、我慢しないで…ウンチがしたくなったらそのまま出していいからね」
便意はアナルセックスにとって最大の敵だと言われますが、えみりの前では気にしなくてもいい…そう思うと自然と力が抜けました。
「そう…!ほら、中でウンチがグチャグチャになってるよ。わかる?グチュグチュって聞こえるでしょ?」
「あっ…あぁ…」
「あっ、出てきた!ウンチがボトボトって出てきたよ!」
「あっ…はぁっ…はぁっ…はぁっ…あぁぁ…イクッ…!」

この日、ボクは初めてウンコを漏らしながらイキました。今までのアナルセックスでは味わった事のない開放感と背徳感でいつも以上に感じてしまったボクは、その横でアナルから抜いたボクのウンコまみれのチンコをしごいているえみりを見ながら恍惚状態となっていました。

そして思わずそのウンコまみれのチンポをしゃぶりたいという衝動に駆られて…冒頭の通り、夢中で舐めしゃぶってしまいました。

口の中に広がる強い苦味と臭みに嫌悪感どころか、興奮を覚えたのです。あぁ…今、ボクは自分のウンコを舐めていると、ボクはさらに変態になってしまった…そんな屈辱感もボクにとっては快感へと変わってしまいました。
「あっ…出る…出ちゃうよ…?いい…?」
えみりは言い終わると同時にボクの口の中で射精しました。
ボクのウンコとえみりの精液が口内で混ざり合い、ボクは感動すら覚えました。女性が好きな男性に中出しされ、子供を孕む事を意識した時の感動と幸福感はこんな感じなのではないかとボクは思います。ボクは口内に広がるあらゆる残滓の味を堪能しながら、ウンコを舐め尽くし、精液を飲み干しました。

この日からボクはアナルマニア兼スカトロマニアとなりました。もうノーマルには戻れません。

スカトロパートナースカトロ愛好家達の出会いを分析

スカトロSNSはどんなサイト?

スカトロSNS

アブノーマルプレイの中でも特に異質なスカトロプレイ。
特殊な嗜好のため、同じ嗜好の人を探すのがかなり難しい。
だが、【スカトロSNS】のおかげで多くのスカトロ好きの人がパートナーを見つけている。
普段の生活ではまず出会えないスカトロパートナーが簡単に見つかるので、スカトロ嗜好の人がますます集まって、さらに出会いやすくなるという好循環となっている。

スカトロ嗜好といっても、食糞というハードなプレイだけでなく、排泄観察という軽いプレイが好きな人の方が多い。
動物のように野外で排泄したり、排泄物をパートナーにかけたり、かけられたり、スカトロプレイも奥深いものがある。
ハードルが高いと思っている人も安心してやってみるといい。

スカトロSNSはどんなサイト?の続きを読む

あかちゃんといっしょはどんなサイト?

あかちゃんといっしょ

赤ちゃんプレイで必須とされるものはオムツ、おもらしだ。
ただオムツプレイやおもらしプレイが好きだからと言っても赤ちゃんプレイが好きなわけではない。
赤ちゃんプレイが好きな人はオムツ、お漏らしプレイが好きではあるが。

そんなオムツやおもらしプレイ、赤ちゃんプレイが好きな人たちが集まるサイトが今回紹介する【あかちゃんといっしょ】だ。

あかちゃんといっしょはどんなサイト?の続きを読む

スカトロ動画新着!!スカトロ 動画像

スカトロニュース世界のスカトロニュース

スカトロ検索

アクセスランキング

仲良しサイトの更新状況

Copyright©2013
スカトロ伝説
All Rights Reserved.