スカトロフェチでレズビアンだなんて、変態すぎる | スカトロ伝説

ぽちゃっこLOVE

スカトロフェチでレズビアンだなんて、変態すぎる

スカトロ レズ

私って変態だ。
と気づいたのは、おそらく小学生の時。
男子たちが学校でウンコした子をからかってて、女子たちは「男子って子どもだよね」って雰囲気だったのに。
私だけは一緒にウンコーとはしゃぎたかったのを覚えてる。

いつもトイレでウンコしてると愛着?が沸いてきたり、うんこちゃんって話しかけたりもしてた。

それから、大人になってからは自分がレズビアンだということに気づいた。
彼氏できたこともあったけど、ぎこちなく終わったのはまだ子どもだったからだと思ってた。
本当は女の子の方が好きだったからなんだ。
女の子を見る時と男を見る時に感情が違うことに気づいた。

スカトロフェチでレズビアンだなんて、変態すぎる。

こんなんじゃ彼女もできないと思ってた。
でも、なんだかんだあって、良い出会いがあった。

トイレでウンコちゃんと話しかけてたのが、バレて。
あれよあれよと言う間にその子と恋人同士になった。
その子もスカトロフェチでレズビアンだって。
嬉しすぎるよね。

最高の出会いだった。
もう変態でもいいやと思ってる。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

女装マゾです

女装マゾです
女装子まぞまぞ
M男
大阪府
27歳
女装スカトロプレイ

女装マゾでもいいっていう人お願いします。スカトロ大好きなド変態です。私のアナマンを浣腸やあなたのペニスで犯してください。ペニクリは小さいですがすごく感じます。食糞もできます。全部は食べきれないですけど。いっぱいお仕置きしてください。

体液フェチコミュニティ

スカトロ 出会いの秘密

唾液や汗、愛液、ゲロ、経血などの体液フェチはあまりメジャーではないものの、比較的多いフェチです。ディープキスが好き、脇汗を舐めたり匂いを嗅ぎまくってしまうという人は体液フェチでしょう。興味本位で始めるにはディープなフェチなので、ある程度、本気度が高くないとプレイにすら至ることはできません。真面目に体液が好きな人でないと出会えませんので、暇つぶしには全く向いてません。

スカトロパートナーの見つけ方