わたしの人間便器体験談 | スカトロ伝説

夢縄

わたしの人間便器体験談

人間便器

専門の出会い系で会った女とはスカトロプレイがしやすいものです。
なので、私はよくそういった場所で出会った女性の人間便器になっています。

人間便器としてホテルで直接会ってプレイすることももちろん多いです。
しかし、近頃は気軽にメールのやり取りをして楽しんでいることもあります。

女の子に今日出したうんこを写メで送ってもらい、それを見て次の人間便器プレイを想像するのです。
そういうやりとりを平日でも毎日やっていると、とても楽しいですし週末まで待ちきれない気持ちになります。

そしてホテルで実際に人間便器になるときと言ったら大喜びです。
私は喜んで女の子の黄金や聖水をいただきます。

「たっぷりと味わいなさい!」

「んぐ…んぐ…!」

しっかり排泄物を咀嚼することでスカトロパートナー兼女王様には褒められます。
人間便器としての暮らしは毎日刺激に恵まれていますので、みなさんにもぜひ楽しんでもらいたいものです。

カテゴリ:M男性

タグ:

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

アナルローズを私に見せて下さい。

アナルローズを私に見せて下さい。
アナルにバラを
S女
神奈川県
37歳
アナルプレイ

それが私の望みです。過去に3人調教してきましたがアナルローズを見た経験がなく、未だにそれが可能なマゾ男性を探しているといった状況です。アナルの開発であれば簡単に行う事が出来ますし、それ以上に私に開発されても構わないといった方であれば大歓迎です。

あかちゃんといっしょ

スカトロ 出会いの秘密

赤ちゃんはウンコもおしっこもオモラシしてしまうスカトロプレイのプロです。赤ちゃんになりきってスカトロプレイをしたいと思う人がいてもおかしくありません。オムツをしておもらしをしてオムツを変えてもらったりとお世話してもらい、甘える。それは全て赤ちゃんだからこそできることなのです。そんな赤ちゃんプレイしたいという人が集まり出会えます。

スカトロパートナーの見つけ方

変態サイトの更新状況

スカトロ検索

アクセスランキング

仲良しサイトの更新状況

Copyright©2013
スカトロ伝説
All Rights Reserved.