ケツ穴に小便を注ぎ込まれるアナル初心者 | スカトロ伝説

Anal CRIMSON

ケツ穴に小便を注ぎ込まれるアナル初心者

ケツ穴に小便を注ぎ込まれるアナル初心者

いつかのメリークリスマスにこんな事があった。

SMでサイト知り合ったマゾ奴隷とクリスマス調教を楽しんでいた。
アナル拡張に挑戦していた私達。
ワイングラス片手にほろ酔い気分で指をアナルに突っ込んでいた。

M女のケツ穴にワインを注入していた。
粘膜吸収で普段の数倍の速さでアルコールが回る。
その結果肛門のほぐれ具合は順調で、なんとかバイブを受け入れたみたいだ。

真性アナルマゾの気質があるのだろう。
バイブを突っ込まれてよがりながらマン汁と涎をダラダラ流している。

「そろそろチンポ突っ込んでやるぞ!このケツ穴女」

バイブを抜くと大きな口を開けてアナルが広がっている。
ゆっくりとアナルにペニスを挿入。

「あぁ・・入ってくる・・」

アナルセックス成功に俺も安堵を感じたのか気が緩んだんだろう。
酒を飲みすぎたのか膀胱はパンパンだった。
漏れそ・・

「アナルにションベン出していい?」

「えっ・・・・・はい・・・」

小便をせき止めてる筋肉を緩める。
アナルに小便注入
ドバーと直腸内に小便が流れ出す。
ダム放水のようなカタルシス。
だんだん腸内がいっぱいになり亀頭に小便がつかる。
肛門放尿とは新感覚だ。
突っ込んだチンポの隙間から圧縮された空気がプピップピッっと恥ずかしい音を立てて漏れている。

「ああぁあ熱い・・・恥ずかしい・・です・・」

ペニスを抜くと溜まっていた小便が噴出した。
小便と糞と混ざった液体で床が汚れた。
お互いに妙に興奮してしまったのを覚えている。

そのアナル奴隷とは分け合ってお別れしたが、アナルに小便注入はたまにやるお気に入りのプレイになった。
新しいアナル女との出会いで調教の登竜門として使わせてもらっている。
偶然の発見だが過去のSMパートナーにも感謝したいと思った。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

私の聖水を全て受け止めてくれる方を探して

私の聖水を全て受け止めてくれる方を探して
聖水マリア
M女
山形県
32歳
聖水プレイ

私は聖水・スカトロプレイが好きな32歳です。熟された私ですが、その体内から溢れる全ての体液や物質を受け止めてくれる方を探しています。

体液フェチコミュニティ

スカトロ 出会いの秘密

唾液や汗、愛液、ゲロ、経血などの体液フェチはあまりメジャーではないものの、比較的多いフェチです。ディープキスが好き、脇汗を舐めたり匂いを嗅ぎまくってしまうという人は体液フェチでしょう。興味本位で始めるにはディープなフェチなので、ある程度、本気度が高くないとプレイにすら至ることはできません。真面目に体液が好きな人でないと出会えませんので、暇つぶしには全く向いてません。

スカトロパートナーの見つけ方

変態サイトの更新状況

スカトロ検索

アクセスランキング

仲良しサイトの更新状況

Copyright©2013
スカトロ伝説
All Rights Reserved.