スカトロプレイ初心者講座 | スカトロ伝説

おもらしGOLDEN

スカトロプレイ初心者講座

ウンコと聞くとワクワクしてしまう、自分のウンコをじっくり観察してしまう、トイレ盗撮モノのAVが好き、など排泄行為や排泄物に関して何とも言えない好奇心を抱く人は男女共に意外と多いもの。

このように何かしらの興味を持っている人は少なからずスカトロ願望があると言えます。
今、これを読んでいる貴方にも当てはまるのではないでしょうか。

とはいえ、実際にスカトロプレイをするとなると変態プレイ過ぎて今一歩踏み出せない、という人も少なくないと思います。

そこで今回は未経験から始めるスカトロプレイのいろはをまとめてみました。


【初級~中級編】一から始めるスカトロプレイ

スカトロプレイに手を出せない理由は汚い、汚れそうというイメージが強いから、という人がほとんどではないでしょうか。
けれど、さほど汚れを気にせず出来るスカトロプレイもたくさんあります。

ここでは全くの初心者が一から始められるスカトロプレイを紹介したいと思います。


初級:放尿

放尿はオシッコをするだけなので、スカトロ未経験者にはピッタリのプレイです。

とはいえトイレで普通にオシッコをするだけではただの生理現象。スカトロプレイとして楽しむには、トイレ以外の場所で放尿し、なおかつその姿を他人(パートナーでOK)に見せるのがポイント。

室内で行う場合はペット用のトイレシートや介護用シーツを敷き、その上でするといいでしょう。もっと気軽に行うなら浴室もオススメ。床や足が汚れてもシャワーで簡単に流せるので、不潔感を抱く事は一切ないでしょう。

それでも最初はどうしてもトイレ以外の場所でオシッコをするというのは背徳感といった心理的な抵抗があり、なかなか出ない場合も。
放尿を見る側はそんな相手の理性と変態性欲の間で葛藤した表情を楽しむのもスカトロプレイの魅力です。
少しでも早く放尿させたい場合はコーヒーやビールなど、利尿作用のある飲み物を摂らせると早い段階で尿意を催しやすくなるでしょう。

慣れてきたら女性には立ちションをさせたり、両手で陰唇を広げさせ、尿道口を露わにさせた状態で放尿させたいところですね。

もし露出嗜好も併せ持っているようなら野外放尿を楽しむのも一興です。


初級:オナラぶっかけ

ウンコをどうにかするにはまだ抵抗があるけれど、オシッコよりもウンコに興味があるという人にとってはオナラぶっかけがオススメ。
ウンコを思わせる臭いはするものの実際に排便するわけではないので、汚れを気にする事なく楽しめます。

ただ、意図的にオナラを出したり出させたりするのは技術がいりますし、そういった体質の人でないと難しいもの。そこで活用したいのが浣腸器です。ポンプ式、シリンダー式の浣腸器で空気浣腸を行う事で強制的にオナラを出す事が可能となります。

オナラぶっかけの名にふさわしくお尻に顔を近づけてオナラをぶっかけてもらい、その臭いを堪能するのはもちろんの事、女の子が恥ずかしそうに放屁する姿や表情を楽しむにもありです。

注意したいのは、勢い余ってウンコが出てしまわないようにする事。おなかの調子が悪い時や直腸にウンコがある時は避けた方が無難です。

万が一の時のため、パンツを穿いて行ったり、事前にトイレでウンコだけは出しておくような工夫をしましょう。

とはいえ、時にはこういったハプニングを前向きに捉える事もスカトロプレイを楽しむ上では必要。
勢い余って飛び散ったウンコがきっかけでさらなるスカトロの境地へ足を踏み入れられるようになった、という人も少なくないからです。


中級:浴尿

放尿を見たり見られたりする事に慣れてきたらその次のステップとしてオススメしたいのが浴尿です。
その内容は文字通り、オシッコを浴びるというもの。オシッコを体に纏う事でパートナーのオシッコと戯れる歓びを味わえ、また纏わせる事でマーキングにも似た支配感を得られます。

スカトロに精通してくると頭から浴びるのが当たり前となりますが、最初は体の一部にかけたりかけてもらったりするのが比較的抵抗なく楽しめるポイント。

体に尿をかけるとなるとどうしても周囲に飛び散ってしまうのは否めないので、掃除をするのが簡単な浴室で行うのが最もお手軽だと言えるでしょう。

セルフでも楽しみたい人はマングリ返しやチングリ返しの格好で放尿するという手段もあります。そんな姿をパートナーに見てもらって大いに自分の変態さを実感するのもスカトロプレイの醍醐味です。


中級:脱糞ショー

折角スカトロプレイに興味をもったなら押さえておきたいのが脱糞ショー。ショーといっても不特定多数の人を集める必要はなく、鑑賞者がパートナー一人でも充分楽しめます。

その方法はシンプルにトイレ以外の場所でウンコを出す姿を見てもらう、というもの。放尿のウンコバージョンと考えれば分かりやすいですね。
それだけに、脱糞ショーをする際はペット用のトイレシートや介護用シーツを敷く、もしくは浴室で行うようにしましょう。

脱糞は放尿以上にウンコが出るタイミングを計るのは難しいので、浣腸で強制的に脱糞するのが一般的。
浣腸プレイモノのAVなどでは大きな浣腸器で大量浣腸を行うシーンが目立ちますが、単純にウンコをする姿を見せたい、見たい場合には必要ありません。薬局で売っているイチジク浣腸で充分なので、注入して便意を促すようにしましょう。

ちなみにどうしても浣腸を使わない自然便に拘る場合、脱糞をする側は腸のコンディションを整えておく必要があります。
バランスのいい食事を3食摂るようにし、食事をしてからどれくらいの時間でウンコが出るかを把握。それを逆算してプレイの時間に合わせるなどの工夫をしましょう。

ところでこの脱糞ショーですが、どうやって鑑賞するかも重要。
大抵はウンコ座りや四つん這いになった相手のお尻側から見るのが基本ですが、中には真下から見るというこだわりを見せる人もいます。
この場合、鑑賞する側は床に仰向けになり、その上に跨がった状態で脱糞させるわけですが、これだと顔面にウンコが降り注ぐのは避けられません。けれど、便器のアングルで脱糞姿が見られるというのはとても魅力的に感じる人も多いのではないでしょうか。

脱糞姿を真下から見たい、でも顔面にウンコは浴びたくない、そんな人にオススメなのがアクリル板で隔てて観察するという方法。
顔の上に透明のアクリル板を掲げ、その上にウンコをしてもらう事で臨場感溢れる脱糞姿を楽しむ事ができるのです。
アクリル板は今やソーシャルディスタンスには欠かせないアイテムとなっていますが、ウンコと顔面のソーシャルディスタンスにも役立つというわけですね。


中級:オムツ排泄

スカトロプレイを嗜むカップルの中にはオムツを愛用している人達も珍しくありません。

最初はどうしてもオムツを穿くなんて恥ずかしい、みっともないという思いがあるかもしれませんが、一度体験すると意外と慣れるものでパンツを穿く感覚でオムツを着けられるようになるとの事。
オムツ排泄に使うオムツは介護用の紙オムツが一般的。展開型とパンツ型がありますが、自分で穿ける点とずれにくい点を考慮するとパンツ型の方が使い勝手がいいと言えます。

そんなオムツ排泄のメリットは必要以上に汚す事なく、オシッコやウンコの感覚を直接肌で感じられるというところにあります。
オシッコやウンコが全身に触れるのに抵抗はあっても、局部周りだけであれば普段から触れる可能性のあるところなので比較的受け入れやすいですよね。汚れてしまってもオムツを脱いでシャワーを浴びれば後処理も簡単。
それでいてオムツの中で感じるオシッコの温かみ、ベットリしたウンコの感触がクセになって、さらなる本格的なスカトロプレイに足を踏み入れたくなる人も少なくないのです。

また、オムツ排泄には屋外で人知れず排泄できるという楽しみもあります。野外放尿や脱糞をする場合、普通は公園の茂みなどを探さなくてはなりませんが、オムツを穿いていれば人前でも堂々と排泄できるのです。
排泄を行う側は人の往来がある街中で排泄してしまうなんて…という背徳感という名の快感を得られますし、排泄させる側はそんな相手の羞恥に満ちた表情を楽しむ事ができます。
臭いは漏れるかもしれませんが、むしろたくさん人がいる中でした方が犯人捜しが困難となるため好都合と言えるでしょう。


【上級~超上級編】これぞスカトロプレイの極み!

未経験者でも一から楽しめるスカトロプレイを紹介したところで、上級者以上のスカトロ愛好者はどんな方法でスカトロを楽しんでいるのか、気になる人も多いですよね。

ここからは上級者以上が好むスカトロプレイについても紹介してみたいと思います。


上級:飲尿

スカトロ上級者ともなると飲尿は当たり前。尿意を催したらパートナーの存在を探してしまうと言ってもいいくらい日常的に飲尿が行われています。

そんな飲尿のポピュラーな楽しみ方は相手の性器に直接口を付けて飲む事。
チンコを咥えて、あるいはマンコに唇を密着させて飲み干します。パートナーの体から排出されるものを歓び体内に収めるのです。

一方、飲ませる側は口から溢れてしまわないように出す量を調整しながら排尿するといった注意を払わなくてはなりませんが、自分のオシッコをチンコやマンコから直接飲み干すパートナーに無上の愛おしさを感じるもの。
ある意味、愛情表現を交わし合う行為とも言えるでしょう。

また、会える頻度が限られているパートナーの間ではペットボトルに入れたオシッコを渡す事も。渡された方は冷凍保存するなどして、次会える時までに少しずつオシッコを味わうという楽しみ方もあるようです。


上級:アナル舐め

アナル舐めというとアナル好きな人が楽しむプレイのように思われますが、アナルはウンコが出てくる穴なので当然スカトロ好きの人にも好まれるプレイの一つです。

アナル好きな人のアナル舐めとの違いは腸内やアナル周りを洗浄しているかどうか。
単純にアナルが好きな人はウンコが好きなわけではなく、むしろ極力避けたいものなので、腸内は洗浄しますし、アナル周りも清潔にした上でアナル舐めに興じます。
一方スカトロ愛好者はアナルではなくウンコがメインなので洗浄しない状態で楽しみます。

アナル舐めをする際は表面だけでなく、アナルの中にも舌を差し入れ、直腸にこびりついているウンコを舐め取るイメージで舌で円を描くように舐め回しましょう。
何とも言えない苦みと臭いが口いっぱいに広がるはずです。

このように、アナル舐めで少しでもウンコを味わえるようになればスカトロ上級者と言えるでしょう。


超上級:塗糞

塗糞は体にウンコを塗りたくるプレイで、超上級者の嗜みとも言えます。

塗糞の魅力は全身ウンコに塗れ、自分もウンコの一部になった気分が味わえるというもの。愛するパートナーの愛でるべきウンコと一体化できるという事はスカトロ愛好者にとってこの上ない歓びや感動となり得るのです。

一般的な楽しみ方としては一方、もしくは双方でウンコを出してそれを塗り合うという方法です。乳房やチンコに塗り付け愛撫をしたり、そのままセックスに興じたりといった楽しみ方がポピュラーです。

また、塗糞マニアになると浴槽に大量のウンコを溜めて全身浸かってそのまま溺れてしまいたいという願望をもつ人も少なくありません。

その他、塗糞にはウンコを愛でるというテーマ以外にもウンコという汚物に塗れて恥辱を味わいたいというコンセプトで行われる事もあります。
その場合、大量浣腸を施した状態でマングリ返し、チングリ返しの格好となり、浣腸便を噴き上げ自身のウンコを浴びるという形で楽しむ人も。

このように塗糞は様々な願望が詰まったプレイとも言えますね。


超上級:食糞

ウンコを食べる、スカトロというと多くの人々がこういったイメージを持っていると思いますが、実際に食糞が出来るのは超上級者のみと言ってもいいでしょう。

食糞まで出来る人はスカトロプレイに興味のある人の中でもごく一握りなので、目指してみたい境地ではありますね。

食糞マニアにとって最も理想的な食べ方はやはり直食い。相手のアナルに口を密着させてそのままひり出してもらうというものです。
ただ、超上級者といえど一気に一気に完食できる人はほとんどいません。
なので、タッパーに入れて持ち帰り少しずつ食べるというのが最も多い味わい方となっています。

スカトロカップルの間では塗糞の延長で食べさせ合うという人も珍しくないものです。


理解あるパートナーを見つけて魅惑のスカトロプレイを楽しもう!

初心者でも可能なスカトロプレイから、上級者以上が嗜む本格スカトロまで紹介させていただきました。

今までスカトロというとはーどるが高そうで手が出せなかったけれど、初級のスカトロプレイであれば実践出来そうと思ってもらえたのではないでしょうか。

スカトロプレイを楽しむには理解あるパートナーの存在も大切。

初級のプレイからスタートしてみたいという人はまずパートナーを探すところから始めてみるのもアリですね!

カテゴリ:スカトロプレイ考察

タグ:

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

アナルローズを私に見せて下さい。

アナルローズを私に見せて下さい。
アナルにバラを
S女
神奈川県
37歳
アナルプレイ

それが私の望みです。過去に3人調教してきましたがアナルローズを見た経験がなく、未だにそれが可能なマゾ男性を探しているといった状況です。アナルの開発であれば簡単に行う事が出来ますし、それ以上に私に開発されても構わないといった方であれば大歓迎です。

ANAL FUCKER!!

スカトロ コミュの秘密

アナルプレイ。アブノーマルといったら、そこから入る人も多いくらいの入門プレイです。ですが、実際には誰でもできるようになるプレイではありません。もともとの素質もあるので、興味のある人を対象にした方が良いでしょう。恋人に頼むというのは危ない橋を渡るようなものです。興味のある人同士でおこなう方がトラブルも少ないので安心・安全といえるのです。相手探しは最適なサイトを使いましょう。

スカトロパートナーの見つけ方

変態サイトの更新状況

スカトロ検索