浮気相手の目の前で屈辱の強制浣腸噴射プレイ | スカトロ伝説

スカトロゼミナール

浮気相手の目の前で屈辱の強制浣腸噴射プレイ

「もうダメ…無理…出る、出る、出ちゃう…!出るぅぅ…!!!」
ブリブリブチュブッチュブビビビブー!!!!

私は部屋中に品性下劣な音と臭いを盛大に捲き散らかしながらウンコを噴射、いえ糞射させてしまいました。

これは私が人生で最も惨めで屈辱的な体験をした話です。
当時、私は大学生でした。そして、そんな私には一回り年上の彼氏がいました。
見た目もタイプで、大学生の私からすれば経済的にも余裕があって、何より仕事がデキる大人の男性という雰囲気で私は夢中になっていました。この人の性癖でもあるSMプレイを受け入れてしまう程に。

私はそれまでSMなんて全く興味もなく、当然経験もありませんでしたが、彼と付き合った事で縛られたり拘束されてのセックスや、ノーパンノーブラでのデート、アナルセックスなど今までした事のないプレイを経験するようになったのです。
最初こそ抵抗はありましたが、体を傷つけたり極端に痛めつけたりするようなプレイはなかったですし、終わった後はいつもより優しく接してくれて、何より彼が大好きだったので、SMプレイも自然と受け入れられるようになりました。

ですが、彼と付き合い始めて一年ほど経った頃。私は大きな過ちを犯してしまいました。
その頃、ちょうど彼の仕事も忙しくなかなか会えなかった寂しさもあり、同じ大学で同じサークルの男の子、アツシ君と何となくいい関係になってしまったのです。
しばらくはお互い意識し合うような感じだけでしたが、決定的な事があったのはサークルのみんなで飲み会をした時でした。お酒の力もあり、私はそのアツシ君と飲み会の終わりに関係をもってしまいました。

一度関係をもつとその後は何となく流れで定期的にセックスするようになりました。
この時もまだ、彼の事は好きでしたし、別れようという気持ちは全くありませんでしたが、それよりもなかなか会えない寂しさの方が勝っていました。

やがて、彼の仕事も落ちついて頻繁とは言えないものの月に1,2回は会えるようになった頃です。最悪の事態が訪れました。

彼にアツシ君との浮気がバレてしまったのです。

「誰?コイツ」
「またしようって何?」
「えっ?お前、今この男が本命なの?」

ラインのやりとりを突きつけられながら詰問されます。
「ごめんなさい…ごめんなさい…」
私はただただ謝るしかありませんでした。しかし、言葉だけの謝罪で納得して許してもらえるはずがありません。

「で、どうする?別れるか?」
「それはイヤ!本当にごめんなさい…」
「でも、今はこの男とヤリまくってんだろ?」
「違う」
「違うって何がだよ?」
「ずっと忙しそうにしていて会えなかったから寂しかった…」
「へぇ。お前は寂しいと好きでもない男とヤリまくるんだ?」

ここまで言われるともう何も言えませんでした。
しばらく無言の時間が過ぎ、先に口を開いたのは彼でした。

「とりあえず、コイツ呼べよ」
スマホを差し出され、受け取ったものの私の手は震えて、操作できる状態ではありません。それに、この場に呼んだらどんな事になるのか…という恐怖もありました。
そんな私を見かねて、「俺が呼ぶ」と私のスマホを再度奪うと彼はラインを送りました。


数時間後、私と彼とアツシ君は古びたラブホにいました。

彼に呼び出されたアツシ君は私に彼がいる事に驚いて、そして私との関係を謝って、彼に言われるがままホテルへついて来た。
という流れです。

「ほら、脱げよ」
彼は私に冷たく言い放ちます。アツシ君はそんな私達をただ見ているだけでした。

今から何をされるのか、分からない私はただただ恐怖でしかありません。でも、この状況で私は彼の言いなりになるしかありません。二人の視線を感じながら私は全裸になりました。

すると彼はベッドまで私の手を引っ張ると、上半身だけベッドに突っ伏した格好の膝立ちにさせられました。そしてその状態で手を後ろに、そして足を固定するように拘束されます。
私はお尻を突き出した格好の屈辱的なポーズとなりました。

「なぁ、アツシ君だっけ?今からコイツの一番みっともない姿を見せてやるよ」

彼はそう言うと、私のお尻の穴に何かを注入しました。その感触は以前、彼とのプレイの時にも味わった事がありました。イチジク浣腸です。プレイの時は1つだけでしたが、今回は3つも注入されてしまいました。

イチジク浣腸1つだけでも強烈だったのに、3つも注入された私のおなかはすぐさま異常をきたします。グルグルと強烈な腹痛と便意に襲われてどうにかなりそうでした。

「ごめんなさい…もう許して…」
泣きながら訴えましたが、私の言葉は無視されます。
そうしている間にも便意が激しく肛門を内側からノックします。アツシ君が見ている前で漏らすわけにはいかない…私は必死で肛門に力を入れて堪えました。
しかし、迫り来る便意の前に私の肛門は無力でした。力を込めて堰き止めるほんの隙間から、便汁が漏れ出るのを感じます。お尻の筋肉も痙攣し始め、いよいよもう限界でした。

「お願い…見ないで…」
こんな懇願も効力なんてなく…

「もうダメ…無理…出る、出る、出ちゃう…!出るぅぅ…!!!」

と、汚らしい音と共にとうとうウンコをまき散らしてしまいました。
その瞬間、周囲に漂う臭いが私をさらに惨めにします。
拘束を解かれた私はアツシ君の方へ視線を向けると、汚らしいものを見る軽蔑の眼差しで私を見下ろしていました。

「なぁアツシ君。ホントにこんな女がいいのか?」
嘲笑を浮かべる彼がアツシ君に問うと彼は無言です。当然、軽蔑の眼差しが答えでした。

この後、アツシ君とは気まずくなり、私はサークルを辞める事に。そして彼にも捨てられてしまいました。
v もう浮気なんて絶対にしないと肝に銘じましたが、実はこの時の出来事がキッカケで浣腸噴射プレイに目覚めてしまった私がいます…。

カテゴリ:スカトロ出会い体験談 M女性

タグ:

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

おもらし大好きです。

おもらし大好きです。
おもらし娘
M女
千葉県
24歳
おもらしプレイ

だめ…だめ…もう我慢できない出ちゃうよ…、下半身をもじもじじたばたさせて決壊するとすごく恥ずかしいのにいけない事をしてしまって興奮してしまうおもらし娘です。下着のままおもらしするのも、オムツはいておもらしするのも両方好きです。

男の娘れぼりゅーしょん!

スカトロ 出会いの秘密

時代の流れか、女装子、男の娘、ニューハーフに興味のある人がどんどん増えてきています。そうなるとセックスするのにアナルを使用します。そのため、アナル浣腸からスカトロに目覚める人も多く、大便を塗りたくる塗糞プレイまでは普通によくあるプレイとなります。誰もがというわけではありませんが、比較的スカトロプレイをしたがる人が多い傾向にあります。流行に乗るのが日本人です!

スカトロパートナーの見つけ方

変態サイトの更新状況

スカトロ検索

仲良しサイトの更新状況