おもらしプレイのやりすぎで日常的に漏らしてしまう時の治し方 | スカトロ伝説

スカトロマニア

おもらしプレイのやりすぎで日常的に漏らしてしまう時の治し方

おもらしプレイとは主にSMプレイやフェチプレイの一種で、パートナーまたは自身が排泄させる・する行為です。
特に衣服を着たまま、あるいはオムツ(おむつプレイとも)を履いた状態でプレイするため、汚れてもいい衣服を用意して行うのが通常です。
しかし、おもらしプレイのやり過ぎで日常生活でも無意識に漏らしてしまうという悪影響が出てしまう人も少なくはありません。
特に寝ている時や、電車でウトウトしている時、おしっこをしに行ったらすでに漏れていた、など我慢できないのでは無くて無意識に漏れてしまっているこの症状。
今回はそんな無意識にお漏らししてしまうようになった大人たちへ、治療の仕方をまとめてみました。

原因

人は幼少期の頃よりウンチやおしっこはトイレでするもの、という条件付けが完了し、それを守らないととても恥ずかしい思いをするという刷り込みのもと大人になりました。
そういった理性や習慣を無理やり抑えつけて排泄してきたために、おしっこやウンチが出てこないようにしておく筋肉や各種器官がバカになっている事が考えられます。
病気やストレスなどの症状で起きるおねしょや失禁、加齢による尿漏れなどとは違い、身体に変なクセが付いておかしくなったと考えてください。
ここでは、そうクセ付いてしまった身体を元の状態に戻す方法を紹介していきます。

漏らさないクセを付ける

いつでもどこでも排泄してしまうクセが付いたのなら、逆に排泄しないクセを付けてやる事も治し方の一つ。
とにかく漏らさない、漏らしたら恥ずかしい、という幼い頃に学んだ事をもう一度行う事です。

時間を決めてトイレに行く

人間は一日にだいたい6回ぐらい排泄のためにトイレへ行きます。
その時間を一日の中で決め、規則正しく排泄する事を体にクセ付けることで、お漏らしを治していくというもの。
一定のリズムを守って習慣になると、無意識におしっこをしてしまう事も減っていきます。

水分もしっかりとる

おしっこを規則正しく元のクセに戻すためには、おしっことなる水分もちゃんと取っていかなければなりません。
ちゃんと尿意や便意を感じ取って、しっかり出し切る事も大事です。

頻繁にトイレに行く

大衆の場でも漏らさないように、常にトイレに行って排泄物を空にしておく事も重要です。
どれだけ肛門や股間がユルくなっていても、出る物が無ければお漏らしも何もありません。
そうした排便のコントロールを行う事でも、もう一度体にクセを付ける事も可能です。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

女装マゾです

女装マゾです
女装子まぞまぞ
M男
大阪府
27歳
女装スカトロプレイ

女装マゾでもいいっていう人お願いします。スカトロ大好きなド変態です。私のアナマンを浣腸やあなたのペニスで犯してください。ペニクリは小さいですがすごく感じます。食糞もできます。全部は食べきれないですけど。いっぱいお仕置きしてください。

スカトロマニア

スカトロ 出会いの秘密

スカトロは難易度が高いと思われがちだ。実際に難易度は高いのだが、一度、はまると病みつきになるほどの中毒性がある。当たり前だが、最初は難易度の低いものから始めていくのがいい。まずはおしっこをしているところを見せる、または見られることから始めてみよう。段階を踏んでいけば食糞もできるようになる。全て一人でおこなうこともできるが、やはりパートナーがいると格段に違う。

スカトロパートナーの見つけ方

変態サイトの更新状況

スカトロ検索

仲良しサイトの更新状況