【おしがま】おしっこを我慢し続けるとどうなるのか | スカトロ伝説

浣腸

【おしがま】おしっこを我慢し続けるとどうなるのか

おしがまの良さは、おしっこを我慢させてる征服感や、我慢させられた後の解放感など、それぞれに楽しみや快感があります。 ただその快楽の背後には、膀胱への負担や病気のリスクなどが潜んでおり、心のどこかではおしっこを我慢する事が無害でないということを皆分かっているハズ。 おしっこの我慢自体は誰でも経験したことがあるし、むしろよくある事なので危険性が感じづらいのですが、「おしがまプレイ」では度の超えた我慢をする事が多いので注意が必要です。 さらにそれが日常化するとさらに危険なので、たかがおしっこを我慢しているだけと思わず、膀胱を労わる気持ちを忘れないようにしましょう。

おしっこ我慢に関する医者の見解

おしっこの無理な我慢は基本的に良いことがありません。 日常の状況によっては我慢しなければならない瞬間もありますが日常でのおしっこ我慢による膀胱への負担は微々たるもの。 ただ「おしがまプレイ」を楽しむ場合、無理を押して我慢する事も多くその負担は大きくなりがちです。 おしっこしたい意思に逆らって我慢し続けると人間の身体はどうなってしまうのか、お医者さんからの見解を簡単にまとめてみました。

尿路系への負担

一度の過度な我慢ではすぐに症状は出ませんが、おしっこを我慢することが多くなると、膀胱の細胞が変化してしまいます。 膀胱の中にずっとおしっこを、しかも大量に蓄えておくことは、膀胱の大きさも変化させどんどん伸びていきます。 そうなるとおしっこを押し出すために使う筋肉も衰えていくので、結果的におしっこを出し辛い体質に変わっていくのです。 おしっこを出す力が弱まると、一回の排便では出し切る事ができないようになり、常に膀胱におしっこがたまっている状態になります。 そしてその残ったおしっこが、尿路感染症や結石、前立腺の炎症など様々な症状を巻き起こすのです。 男性は特におしっこ我慢による前立腺炎になり易いので注意してください。

腎臓に戻ってしまうケース

ずっとおしっこを我慢した結果、腎臓におしっこが逆流し損害を与えてしまう事もあります。 腎臓とは、血液の中からカラダに必要な物と必要でない物を分別し、ろ過して不要になった血液を、尿として膀胱へ送ります。 この時膀胱がすでにキャパオーバーで送れなかった場合、行き場を失ったおしっこが腎臓に戻ってしまい悪さをする、という事が起きるのです。 肝臓に逆流したおしっこは、膀胱が空の状態なら再度送られますが、必ずとは言い切れないので、新しく作られる尿はスムーズに膀胱へ送られるのが理想です。

我慢しすぎて膀胱が破裂

おしっこを限界まで我慢すると膀胱はいよいよ耐え切れなくなっておしっこが膀胱の壁を突き破って体内に流れ込みます。 長期間の我慢は膀胱に圧力を永続的にかけ、膨らんだ膀胱が腎臓を圧迫してその機能も傷つけ始めます。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

保母さんしてた28歳の浣腸奴隷希望の女です

保母さんしてた28歳の浣腸奴隷希望の女です
保母さん経験者
M女
新潟県
25歳
アナルプレイ

前に保母さんをしてた経験があります。子供達の相手をしてるとお漏らししちゃう子がいるんですよね・・・。その子達を見てると、私も漏らしたいっていう欲望が芽生えてしまいました。今は一応自分でアナルを少しずつ開発してるんですけど、上手くいきません。私のお尻を中心に開発してくれる人を募集します。

スカトロマニア

スカトロ 出会いの秘密

スカトロは難易度が高いと思われがちだ。実際に難易度は高いのだが、一度、はまると病みつきになるほどの中毒性がある。当たり前だが、最初は難易度の低いものから始めていくのがいい。まずはおしっこをしているところを見せる、または見られることから始めてみよう。段階を踏んでいけば食糞もできるようになる。全て一人でおこなうこともできるが、やはりパートナーがいると格段に違う。

スカトロパートナーの見つけ方

変態サイトの更新状況

スカトロ検索

アクセスランキング

仲良しサイトの更新状況