誰にも言えない男の娘な僕のヒミツのスカトロ体験談 | スカトロ伝説

Anal CRIMSON

誰にも言えない男の娘な僕のヒミツのスカトロ体験談

「カワイイね」
と言われたくて女の子になりきる僕は、いわゆる男の娘。男の娘ってゲイなの?オカマなの?っていわれるけれど、自分でもよくわからない。男の格好をして男として生活している時は女の子が好きだけれど、男の娘の時は男性も恋愛対象に入っちゃう。

そんな僕は男女問わず周りの友達にも男の娘趣味がある事をオープンにしている。っていうとイジメられたりしないの?距離を置かれたりしない?って思われる事も多いけれど、全然そんな事はなくて、友達と遊びに行く時もその日の気分によって、男の格好で出かける事もあるし、男の娘として出かける事もある。男の娘として遊びに行く時はみんなカワイイと言ってくれるし、男友達も彼女が出来た気分だと喜んでくれる。

ここまで僕が受け入れられるのは多分、完成度が高いからかもしれない。元々中性的な顔だからお化粧してもあまり違和感がなくて、いわゆるオカマ顔にはならないし、自分から言わなければ男だとバレた事もない。もし、僕が男丸出しの男の娘ならイジメられてたかもしれないな。

完成度の高いオープンなリア充男の娘。表向きはそんな僕だけど、実は友達には絶対に言えない秘密もある。それはスカトロ趣味があるって事。特に男の娘になった時に全身ウンチまみれにされるとすごく興奮しちゃう。そんな僕が最近体験したスカトロプレイの話。

「ねぇ、コレ、着てくれる?」
差し出されたのはセーラー服。スカトロプレイをする時に自分の服が汚れると洗濯してもなかなか汚れが取れないから、こうして準備してくれるのはとても嬉しい。僕は早速セーラー服に着替えておどけながらいくつかポーズをとった。そして自然とお互いエロモードになってキスをしながら体を弄り合う。
「ねぇ、ウンコ出そう?」
相手の男性――ケンジは僕の肛門をグリグリと指で刺激しながら耳元で囁いた。
「ううん…」
「じゃあ浣腸使おうか」
スカトロ好きの人はプレイに合わせてタイミングよく自力でウンチを出せる人も多いのだけど、僕はまだそれができない。なので、基本的には浣腸を使って排便を促していた。

「ほら、お尻突き出して肛門見せて」
四つん這いにされ、セーラー服のスカートをめくられた僕は浣腸を受けた。お尻を突き出して肛門を晒すのはすごく屈辱的で恥ずかしい。けれどそれもなんだか快感。浣腸液が腸内に浸透し始めると、じわじわとお腹が痛み出し、腸全体が一斉に活動し始めるのを感じる。5分もしないうちに便意は直腸までやってきた。

「もう出ちゃいそう…」
「もう少し、もう少しだけ我慢してくれる?」
ケンジは少し慌てるような口調でそう言って服を脱ぎ始めた。僕は肛門を締め付け、尻肉に力を込めながら耐えた。全裸になったケンジは、四つん這い状態の僕の足の間に自らの足をくぐらせる格好で座り、僕のお尻を両手でしっかり掴みながら体勢を整えた。
「もういいよ、我慢しないで一気に出して」
四つん這い状態の僕からはよく見えなかったけれど、ケンジの顔は僕の肛門前に。
「出すよっ…、ウンチ出るところしっかり見てね…」

ブリブリブチュブリブチュチュチュチュ~!!!
解放した肛門からウンチが大量に噴射された。あまりの開放感に僕は全身から力が抜けた。そして改めてケンジの方へ振り返る。予想通り、顔面が僕のウンチが飛び散り、髪からも糞汁が滴っている。下腹部にはウンチの塊が転がっていて、ケンジのチンコは勃起していた。
ケンジはその塊の一つを手に取ると、自分のチンコに擦り付けながらしごき始めた。それを見て僕のチンコも反応してしまう。僕はケンジと向かい合わせになる形で体を密着させるように座り、ウンチまみれになったケンジのチンコに自分のチンコを擦り合わせた。

ヌチュヌチュヌチュ
ウンチがべっとりこびりついた手でケンジは僕のチンコもしごき始めた。しごくたびにウンチの臭いがキツくなり、僕はさらに興奮してしまう。
僕は今、自分のウンチをチンコに塗りたくられてしごかれている…そう思うと、もっともっと汚されたい。全身ウンチまみれになって大きなウンチの塊になってしまいたい…という衝動に駆られてしまった。
「もっと汚して…今度はケンジさんのウンチで全身ウンチまみれにしてほしいよ…」
「オレの今日のウンコ、めっちゃクサいよ?いいの?」
「うん、臭くして…臭いウンチでベトベトのグチョグチョにして…!」

仰向けになった僕の顔の上にケンジが跨がる。
ブリブリブスッブリブッスンブリ
肛門が開いた瞬間からすさまじい臭いが鼻を犯した。そして肛門はミチミチと音を立ててウンチをひり出し、僕の顔に迫ってきた。
顔面が生暖かくねっとりした感触のウンチで埋め尽くされていく。全部口にするのは無理だけど、少しだけでも食べてみたい…舌を伸ばすと強烈な苦味と共に甘みが口いっぱいに広がる。きっとコレは肉を食べたウンチの味だ。

ケンジは僕の顔面にウンチを全てひり出すと顔全体に塗りたくり、続いてセーラー服の上、服をめくり上げて胸からお腹へと全体的に塗り広げていく。下半身は自分のウンチ、上半身はケンジのウンチで僕は文字通り全身ウンチまみれになった。
あぁ、僕は今ウンチで汚されてる…全身臭くて僕自身が大きなウンチになった気分…
「ケンジさん来て…」
僕はケンジを抱きしめて上下に体を動かし、ケンジの体にもウンチを擦り付けた。そしてどちらからともなく、チンコに手を伸ばし、激しくピストンさせた。
「あっ、イクっ…!」
僕とケンジはほぼ同時に射精した。

ウンチまみれになりながら興奮してチンコしごいて射精するなんて、友達には絶対に言えないけれど定期的にスカトロパートナーを見つけてこっそり楽しんでる僕です。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

男の人のうんこする姿が見たいな

男の人のうんこする姿が見たいな
ブリキュア・ゴールド
S女
香川県
19歳
黄金プレイ

男の人がうんこ座りでブリブリと黄金をひねり出す姿、特に出る瞬間のアナルがぽっかりと開く瞬間、萌ゑる。

スカトロマニア

スカトロ 出会いの秘密

スカトロは難易度が高いと思われがちだ。実際に難易度は高いのだが、一度、はまると病みつきになるほどの中毒性がある。当たり前だが、最初は難易度の低いものから始めていくのがいい。まずはおしっこをしているところを見せる、または見られることから始めてみよう。段階を踏んでいけば食糞もできるようになる。全て一人でおこなうこともできるが、やはりパートナーがいると格段に違う。

スカトロパートナーの見つけ方

変態サイトの更新状況

スカトロ検索

アクセスランキング

仲良しサイトの更新状況

Copyright©2013
スカトロ伝説
All Rights Reserved.