久しぶりのラブホで興奮してスカトロしちゃった | スカトロ伝説

浣腸

久しぶりのラブホで興奮してスカトロしちゃった

彼氏なので、奴隷といってもいいのか分からないですけどとりあえず今の彼のスカトロ奴隷やってます。

「高校卒業したら一緒に暮らそう」と卒業を機に同棲して、3年程経った頃だったと思います。
その日はたまには飲もうっていう彼の提案で、バーに行く事になってました。
最近は忙しくてまともにデート出来てなかったので嬉しくて、セクシーな格好でいこうかな?とか色々考えながらお洒落しちゃったりして。
バーで直接待ち合わせする事になって、私がどんな格好で来るかは彼は知らなかったんですけど見た途端、半笑い。
何で笑ったのか聞いてみると、「いつもと違ったからビックリしちゃって」との事でした。

そんなこんなで飲みながら話してたら、気づいたらかなり酔いが回っててお店を出る事になりました。
2人とも酔ってて、今タクシーに乗ったら絶対に吐くと思ったのでホテルに泊まりました。
同棲してからはラブホには行かなくなってたので、久しぶりのホテルはちょっとドキっとしました。
それに今は、セックスも部屋でささっとして寝るみたいな感じになっちゃってるので・・・。
だから私はお酒の力を借りて、ここはちょっと襲ってみようかな?と思いました。

彼はシャワーを浴びに行っていたので、私は裸になって突撃することに。
私はこんな事をするタイプではないので、彼はめちゃめちゃ驚いていました。
でも、裸を見てその気になってくれたようでキスをしながら、片方の手で私の割れ目をなぞってきました。
それだけで私は、身体がビクっとして腰が砕けてしまいそうでした。
そんな私を見て彼は「ちゃんと立ってろよ」そう言うと、私を壁に押し付け、両手を拘束しました。
身動きできず、まして普段は命令口調なんてしない彼だったので、怖いやらドキドキやらで心臓がバクバクでした。
しばらく愛撫が続き、敏感になってしまった私は喘ぎまくり。
彼はというと、興奮まじりだけどどこか冷静な顔でこちらを睨んできます。
いつもはこんな感じじゃないのにどうしたんだろう?もしかしてSMプレイが始まるの?とか色々聞きたい事はありましたが、今はそんな事を聞ける雰囲気ではありませんでした。
元々恋人には尽くしたいタイプだったので、彼がこういうプレイをお望みなら期待に応えてあげよう!そう思いました。
「次はお前の番だ」
そう彼は私に命令すると両手をほどき、次は頭を軽く掴んで股間に押し当てます。
イラマチオなんてされた事もなくて、えづいてしまった私を見て「大丈夫?」と彼が一言。
ここは優しいんだ、と心の中で思ったのと、やっぱりこれはプレイの一環なんだと安心した自分がいました。
私は大丈夫だよと言うと、一呼吸するとパクっと彼のチンコを頬張ってみせます。
舌でクリっと舐めまわすと彼が「ンンッ」と声を漏らし、その声がセクシーでもっと聞きたくなり喉奥まで頬張りしゃぶり続けました。
頬張る音と彼の吐息とエッチな匂いで気分は最高潮。
そして彼のチンコもどんどん大きくなり、脈打つのが分かりました。
口の中に出してほしい、そう思ったので更にじゅぽじゅぽ舐めつづけました。
「うっ、も・・・う出るっ・・・!」
激しく動いていた彼の動きがとまり、ビクンビクンとチンコが脈打って私の口の中に勢いよく精子がどくどくと入ってきます。
フェラからの口内射精は彼と経験あったんですが、今までにないくらいの濃い精子でした。
それほど気持ちよかったって事かな?そう思うと嬉しくてゴックンしちゃいました。
ちなみにゴックンはした事ありませんでした。
というのも、彼がゴックンまではしなくていいよっていつも断ってきたからです。
今日は彼が言ってくる前に飲んじゃいましたが、そんな私を見てちょっと嬉しそうでした。
「なんか激しすぎちゃってごめんね?けど酔ってたからかとまらなくて・・・、それにゴックンまで変態すぎるよ」
そう言うと照れながら彼は私にキスをしてきました。

「もうひとつお願いというかやりたい事があるんだけどいい?」
なんだろう?そう思い、彼の顔をじーっと見ていると彼は立ち上がりました。
「俺のおしっこを飲んでほしい。あと飲んでる姿がどうしても見たい」
SMプレイチックなセックスはそこまで抵抗なかった私ですが、さすがにおしっこは・・・。
うーん・・・、けどここで断ったら可哀想だし彼の為に試してみようかな・・・と、1分位考えてました。
喜んでほしい、その一心でOKしました。
今度は押さえつけられる事なく、自らチンコをしゃぶります。
ジョ、ジョジョジョーーーーーと温かいおしっこが出てくるのが分かりました。
飲む勢いが追い付かなくて零しながら必死に必死に飲んでいると、彼は嬉しそうでした。
正直味は美味しくないし、出来れば飲みたくないと思いましたけどそんな彼をみたら私も嬉しくて頑張って飲みました。

それからというもの、私は彼のおしっこを飲むだけではなくて最近ではウンコにも挑戦中です。
食べて欲しいって言われた時は戸惑いましたけど、やっばり喜んでくれるなら何でもしてあげようって思っちゃいます。
結婚の話も出ていますが、結婚したとしてもきっと私はずっと彼のスカトロ奴隷でいる気がします。

カテゴリ:M女性

タグ:

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

大きなお尻のS熟女です。

大きなお尻のS熟女です。
グラマラス熟女靖子
S女
福岡県
53歳
聖水プレイ

この年齢になりお尻も垂れて更に大きくなりました。そこから直接聖水をというマゾ男性はいませんか?

ANAL FUCKER!!

スカトロ 出会いの秘密

アナルプレイ。アブノーマルといったら、そこから入る人も多いくらいの入門プレイです。ですが、実際には誰でもできるようになるプレイではありません。もともとの素質もあるので、興味のある人を対象にした方が良いでしょう。恋人に頼むというのは危ない橋を渡るようなものです。興味のある人同士でおこなう方がトラブルも少ないので安心・安全といえるのです。相手探しは最適なサイトを使いましょう。

スカトロパートナーの見つけ方

変態サイトの更新状況

スカトロ検索

アクセスランキング

仲良しサイトの更新状況

Copyright©2013
スカトロ伝説
All Rights Reserved.