アナルローズ・ローズバッドとは? | スカトロ伝説

倒錯病院SM診療室

アナルローズ・ローズバッドとは?

アナルローズ

薔薇の一種のような名前ですが、植物ではなく、肛門から飛び出た直腸が赤く薔薇のようにキレイに咲いて見えることからつけられました。
一種の脱肛状態です。

最近はアナルローズと言う事が多く、昔はローズバッド(薔薇のつぼみ)と言う事が多かったようです。
言葉は進化していく例ですね。

普通のアナル拡張やアナルセックスではなりませんが、激しくしたり、吸引したりすると脱肛してしまいます。

マニアにはこのアナルローズがとても人気です。
一時的な脱肛状態は問題ありませんが、戻してもなかなか戻らない、すぐに脱肛状態になってしまうようであれば病院に行きましょう。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

【少々ワケありの女王です】

【少々ワケありの女王です】
【生ペニスの瑠璃香】
S女
広島県
35歳
アナルプレイ

生ペニスでアナル、その他、色々な快感を優しくいやらしく教え込みます。調教人数は10名、M男4名、M女6名を調教した経験があります。その他個人情報は掲示板には記載できないので気になる人はメールを下さい。そっちで詳細をお話します。

スカ to ROSE

スカトロ 出会いの秘密

女王様、マゾ男専門のスカトロ出会いです。スカトロ嗜好自体がマイノリティなのに、さらにS女×M男という組み合わせはかなりの少数派です。ほぼ通常ルートでは出会えません。黄金・聖水拝受がしたくてもできる人が限られますが、ここならそんな少数派が一堂に会しているので高確率で好みの人と出会えます。少数派のため、初心者も多く、一緒に成長しようという優しい人が多いです。

スカトロパートナーの見つけ方

変態サイトの更新状況

スカトロ検索

アクセスランキング

仲良しサイトの更新状況

Copyright©2013
スカトロ伝説
All Rights Reserved.