オネショフェチは需要があるのにオネショできる人が少ない | スカトロ伝説

おもらしGOLDEN

オネショフェチは需要があるのにオネショできる人が少ない

おねしょ

誰でも子どもの頃に一度は経験があるだろう、おねしょ。
親に怒られないように、オネショしないようにと祈って寝ていた人も多いだろう。

でも逆におねしょをしたことで興奮していたという人もいるだろう。
変態は子供のころから変態の素質があったはずだ。
その時の興奮が何なのか、子供の時には理解できなかっただろう。
徐々にそれを理解して、自分の性癖に気付いていっただろう。

そして、お漏らしやオネショフェチのサイトを見つけて、自分の性癖がそこまで異常ではないことにほっとしたはずだ。
それでも普通とは違うことに変わりはないが。

オネショは簡単そうに見えてかなり難しい。
一般的な大人だと寝ながらおしっこすることはほとんどなく、尿意を感じたら起きてしまう。
おねしょをするには泥酔するか、病気などによる特別な事情、逆トイレトレーニングでおしっこを我慢することができなくなっているのどれかだろう。
オネショをしたという設定でプレイすることも可能だが、やはり本物のオネショをしてもらいたい。
オネショフェチは大変なのだ。

そういうのを踏まえて、おねしょできる人をおもらしサイトで探すが、なかなかいない。
逆トイレトレーニングは人気があるが、やはり実践している人はかなり少ないようだ。
実生活に支障があるとなると二の足を踏むのだろう。
地道に探すしかないのが現状である。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

完璧女装をさせられてデートしてみたい人へ

完璧女装をさせられてデートしてみたい人へ
☆カリン☆
S女
島根県
27歳
女装プレイ

私、完璧女装をさせてデートをしたりホテルでプレイをしたりしてみたいんです。是非お付き合いしてくれませんか?経験があるならその時の話とか軽く聞かせて欲しいです。

スカトロマニア

スカトロ 出会いの秘密

スカトロは難易度が高いと思われがちだ。実際に難易度は高いのだが、一度、はまると病みつきになるほどの中毒性がある。当たり前だが、最初は難易度の低いものから始めていくのがいい。まずはおしっこをしているところを見せる、または見られることから始めてみよう。段階を踏んでいけば食糞もできるようになる。全て一人でおこなうこともできるが、やはりパートナーがいると格段に違う。

スカトロパートナーの見つけ方

変態サイトの更新状況

スカトロ検索

アクセスランキング

仲良しサイトの更新状況

Copyright©2013
スカトロ伝説
All Rights Reserved.