いつかやってみたい憧れの人間便器 | スカトロ伝説

スカトロマニア

いつかやってみたい憧れの人間便器

人間便器

スカトロが好きなら、いつかはやってみたいと思うのが人間便器だろう。
完全に便器扱いをされ、排泄物を口に直接入れられ、食べて処理をするのだ。
これができたらマゾ奴隷として最高だろう。

だが、その道のりは険しい。
食糞は通常危険なものなので、うんこをなかなか口に入れることはできず飲み込むのは至難の業だ。
最初の一口ですら挫折するものが少なくない。
匂いだけでも吐きそうになるのをこらえなければならない。
慣れるまでは厳しい。
訓練すれば、完食もできるが、それまでかなりの時間が必要だ。

少しでも危険を減らすために脱糞者の協力も必要だ。
健康的な肉体づくりもさることながら、食べやすいウンコを作るために野菜中心の食事をしておかねばならない。
一朝一夕でどうにかなるものではないから、その生活をずっと続けていける人でなければならないのだ。
そして、浣腸液で出すと浣腸液も食べねばならないので、できるだけ自然排便ができないといけない。

できれば、今までの生活習慣など変えずに通常のままでいきたいところだが、病気のリスクが高まってしまう。
病気など怖くないと健康体の時には勇ましく言えるが、いざ病気になると後悔することだろう。

それらをクリアしてようやく人間便器となれるのだ。
どんなに対策をしてもやはり病気のリスクは消えない。
そのくらいの覚悟が無いとやってはいけない。

それでもなお、人間便器となるべく努力する人たちがいる。
今時、苦労するのは敬遠する人たちが多い中、その意思には感服する。
頑張れ。
そして、自分も頑張ろうと思うのだった。

カテゴリ:M男性

タグ:

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

保母さんしてた28歳の浣腸奴隷希望の女です

保母さんしてた28歳の浣腸奴隷希望の女です
保母さん経験者
M女
新潟県
25歳
アナルプレイ

前に保母さんをしてた経験があります。子供達の相手をしてるとお漏らししちゃう子がいるんですよね・・・。その子達を見てると、私も漏らしたいっていう欲望が芽生えてしまいました。今は一応自分でアナルを少しずつ開発してるんですけど、上手くいきません。私のお尻を中心に開発してくれる人を募集します。

おしめり遊戯

スカトロ 出会いの秘密

スカトロおもらしはスカトロへの一番の近道です。おしっこをするところが見たい。これだけでも立派なスカトロへの興味の第一歩となります。おしっこを見る、かける、飲む。これらを極めてから、次の一歩へ進むと良いでしょう。まずはおしっこを攻略するのです。おもらしパートナーとの出会いはスカトロパートナーよりも簡単に見つかるでしょう。

スカトロパートナーの見つけ方

変態サイトの更新状況

スカトロ検索

アクセスランキング

仲良しサイトの更新状況