スカトロとは 生きる という事 | スカトロ伝説

スカトロマニア

スカトロとは 生きる という事

窓際で放尿させる羞恥プレイ

「下の人が見てたらどうしよう。。」

とあるホテルの一室。
窓の縁で下半身丸出しでウンコ座りするM奴隷ミキ。
マンコの下にグラスを置いて放尿するよう命令してある。

「ション便娘!まだでないのか!!」

M女を言葉責めで煽る。

「だって床とか汚れてしまいますし。。」

「かまわん!!!」

「あ 今下の人と目が合った。。。」

たぶんそんな事は無いだろうが、神経が過敏になるとそういう風に見えるのかもしれない。
俺はミキをお漏らし奴隷に調教しているのだ。
軽いスカトロ癖がある俺は放尿脱糞を観察したいという思いがある。
人間の排泄シーンをみると支配欲が満たされるのだろうか、それとも神のいたずらか。

「ご主人様。。どうしよう。。もう我慢できないです。。。」

チョロ、、、、
ジョロジョロジョロ~

はじめはチョロチョロとおしっこを漏らす。
そして一度出てしまえば勢い良く出てしまうのだ。
この小便のブレーキをはずす瞬間。理性が外れた瞬間。取り繕えない瞬間。
ここに人間の「生きる本質」を見るのだ。
俺は女の強制排泄の瞬間に異常にカタルシスを感じる変態研究家だ。

こういう瞬間が見たくてSM出会いサイトでM女を見つけたのだ。
脱糞する瞬間。
屁をこく瞬間。
そこに人間の生きるという本質があるのである。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

アナルローズを私に見せて下さい。

アナルローズを私に見せて下さい。
アナルにバラを
S女
神奈川県
37歳
アナルプレイ

それが私の望みです。過去に3人調教してきましたがアナルローズを見た経験がなく、未だにそれが可能なマゾ男性を探しているといった状況です。アナルの開発であれば簡単に行う事が出来ますし、それ以上に私に開発されても構わないといった方であれば大歓迎です。

スカトロマニア

スカトロ 出会いの秘密

スカトロは難易度が高いと思われがちだ。実際に難易度は高いのだが、一度、はまると病みつきになるほどの中毒性がある。当たり前だが、最初は難易度の低いものから始めていくのがいい。まずはおしっこをしているところを見せる、または見られることから始めてみよう。段階を踏んでいけば食糞もできるようになる。全て一人でおこなうこともできるが、やはりパートナーがいると格段に違う。

スカトロパートナーの見つけ方

変態サイトの更新状況

スカトロ検索

アクセスランキング

仲良しサイトの更新状況

Copyright©2013
スカトロ伝説
All Rights Reserved.