うんこ愛を感じられるスカトロジストたち | スカトロ伝説

倒錯病院SM診療室

うんこ愛を感じられるスカトロジストたち

うんこ

うんこは子どもから大人まで笑顔にしてくれる不思議なアイテムだ。
からかいの時や笑いを取る時に「うんこー」と叫ぶ人はいる。
この時、大笑いをする人もいれば、微笑ましく笑ってくれる人もいて、あまり迷惑がる人なんていない。
やはりみんなうんこが好きなのだ。

だけど、本物のうんこを手に取り、においを嗅いだり、体に塗ったり、ましてや食べるなんてことを微笑ましく思ってくれる人はいない。
この差は何だ?

そもそも人前で「うんこー」と叫ぶような人に本物のスカトロジストはいない。
面白がっているだけで大便に対する愛はない。
スカトロジストはそんなヤツラよりも大便に対して深い愛を持っているというのに、人前では決して言わずにこっそりと裏で愛好家だけのところでしか言わないのだ。
世間と言うのは冷たいものである。

だからこそ、同じスカトロジスト仲間というのは絆が深い。
同士には優しくなれるのだ。
S男、S女、M女、M男、無関係に仲がいいと思う。
こういう仲間がいるところを見つけられて本当に良かった。

カテゴリ:S男性

タグ:

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

【少々ワケありの女王です】

【少々ワケありの女王です】
【生ペニスの瑠璃香】
S女
広島県
35歳
アナルプレイ

生ペニスでアナル、その他、色々な快感を優しくいやらしく教え込みます。調教人数は10名、M男4名、M女6名を調教した経験があります。その他個人情報は掲示板には記載できないので気になる人はメールを下さい。そっちで詳細をお話します。

体液フェチコミュニティ

スカトロ 出会いの秘密

唾液や汗、愛液、ゲロ、経血などの体液フェチはあまりメジャーではないものの、比較的多いフェチです。ディープキスが好き、脇汗を舐めたり匂いを嗅ぎまくってしまうという人は体液フェチでしょう。興味本位で始めるにはディープなフェチなので、ある程度、本気度が高くないとプレイにすら至ることはできません。真面目に体液が好きな人でないと出会えませんので、暇つぶしには全く向いてません。

スカトロパートナーの見つけ方