もったいないの精神でスカトロメッシープレイ | スカトロ伝説

スカトロマニア

もったいないの精神でスカトロメッシープレイ

塗糞

スカトロとか意味分からないんで。
敬遠してたのに、でも本当は心の奥底で望んでいたんだ。
ダメといわれれば言われるほど、やりたいってこと。

抑圧された願望が解放された時、初めて最高に気分がよくなった。

きっとみんなも嫌よ嫌よも好きのうちで、本当は好きなんだと思う。
そうじゃないと、排泄行為自体しなくならないとおかしい。
しなきゃいけないからには大切なこと、大事なことなんだ。

SMサイトで浣腸プレイをしていて、スカトロには興味無かったのに、段々とそっちの方向に行きたくて仕方なくなってた。
ついにうんこを体に塗り始めてしまって、メッシープレイをするようになってた。
塗糞するとだいぶ心落ち着いて、やらずにはいられなかった。
徐々に目覚めていったから、一緒にやっていたM女もついてきてくれた。
一緒に目覚めて行ったと言ってもいい。

自分の体から出る物だから、汚いという刷り込みは消えてなくなった。
いとおしいのだ。
元々、自分の一部を形成していたモノだと思うと、すぐに捨てるのはもったいない。
目で見て、手で肌で触れて、ニオイを嗅いで、様々な感覚で楽しむ。
あとは味覚でも楽しめればいいのだけど、さすがに抵抗がある。

こうやって最後まで楽しんでから、洗い流すととても充実した気分だ。
スカトロメッシープレイをやり始めてから、人生が潤ってきたようだ。
好き嫌いしちゃダメという教育を施しているこの国には潜在的に好きな人が多いはずである。

カテゴリ:S男性

タグ:

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

アナルローズを私に見せて下さい。

アナルローズを私に見せて下さい。
アナルにバラを
S女
神奈川県
37歳
アナルプレイ

それが私の望みです。過去に3人調教してきましたがアナルローズを見た経験がなく、未だにそれが可能なマゾ男性を探しているといった状況です。アナルの開発であれば簡単に行う事が出来ますし、それ以上に私に開発されても構わないといった方であれば大歓迎です。

体液フェチコミュニティ

スカトロ 出会いの秘密

唾液や汗、愛液、ゲロ、経血などの体液フェチはあまりメジャーではないものの、比較的多いフェチです。ディープキスが好き、脇汗を舐めたり匂いを嗅ぎまくってしまうという人は体液フェチでしょう。興味本位で始めるにはディープなフェチなので、ある程度、本気度が高くないとプレイにすら至ることはできません。真面目に体液が好きな人でないと出会えませんので、暇つぶしには全く向いてません。

スカトロパートナーの見つけ方

変態サイトの更新状況

スカトロ検索

アクセスランキング

仲良しサイトの更新状況

Copyright©2013
スカトロ伝説
All Rights Reserved.