人間も野グソがしたい。動物だもの。 | スカトロ伝説

Anal CRIMSON

人間も野グソがしたい。動物だもの。

野グソ

動物は野グソが当たり前。
なのに、人間はトイレに行かないといけない。
人間も動物の一種なのに、差別だ!

やってはいけない、禁止と言われたら、やりたくなるのが人間ってものだ。
幼い頃は外で糞をするのが憧れであった。
大人はそんな夢を実現できるのである。

スカトロコミュニティというマニアックなところでは日々、誰かが野糞をしている。
食糞や塗糞よりも敷居は低いので、排便観察というのはかなり人気があるプレイだ。
屋内が大半だが、野外で開放的に脱糞したいというニーズは確実にある。

俺は同じように野外脱糞体験をしたいという変態女と知り合い、実行することに成功した。

死角の多い森の中、車の中でマゾ女のケツ穴にイチジク浣腸を注入してから外に出た。
すぐに腹が痛い、うんこ漏れそうというM女。
さすがに速すぎるので、もう少し我慢させた。
歩きが遅い上に変な歩き方のマゾ女を引っ張って、木の陰に入れてそこで脱糞させた。
「ブリュリュリュー!!!」
座ると同時にウンコと浣腸液が堰を切ったようにあふれ出た。

「うあっ!きったねーなぁ!」
「ああぁ……ごめんなさい……」

臭くて汚い茶色い糞が土の上に落ちている。
それを観察して、ニオイを嗅いでやって、M女を罵ってやった。
そして、アナルファックをして帰った。

もうスカトロサイトから離れることはできない。

カテゴリ:S男性

タグ:

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

アナルローズを私に見せて下さい。

アナルローズを私に見せて下さい。
アナルにバラを
S女
神奈川県
37歳
アナルプレイ

それが私の望みです。過去に3人調教してきましたがアナルローズを見た経験がなく、未だにそれが可能なマゾ男性を探しているといった状況です。アナルの開発であれば簡単に行う事が出来ますし、それ以上に私に開発されても構わないといった方であれば大歓迎です。

スカトロマニア

スカトロ 出会いの秘密

スカトロは難易度が高いと思われがちだ。実際に難易度は高いのだが、一度、はまると病みつきになるほどの中毒性がある。当たり前だが、最初は難易度の低いものから始めていくのがいい。まずはおしっこをしているところを見せる、または見られることから始めてみよう。段階を踏んでいけば食糞もできるようになる。全て一人でおこなうこともできるが、やはりパートナーがいると格段に違う。

スカトロパートナーの見つけ方

変態サイトの更新状況

スカトロ検索

アクセスランキング

仲良しサイトの更新状況

Copyright©2013
スカトロ伝説
All Rights Reserved.