浣腸プレイは羞恥プレイ。どんどん深みにはまる変態道 | スカトロ伝説

スカトロ

浣腸プレイは羞恥プレイ。どんどん深みにはまる変態道

浣腸

病院で浣腸をしてもらったことがある人は分かると思うが、とても恥ずかしい。
そもそも他人に尻を見られるなんて、ありえないし、しかも、ケツの穴まで見られてしまうのだ。

治療の一環だから仕方ないといってしまえば、そうだが、やはり羞恥心の方が先にくる。
医療関係者には見慣れた光景だから、必要以上に恥ずかしがる必要はないと分かっていてもだ。
恥ずかしいもんは恥ずかしいのだ。

だが、それが何故か快感に変わる人もいる。
自分もその一人だ。

恥ずかしくて恥ずかしくてたまらないのに、もっと見て欲しい、もっと触って欲しくなってくる。
変態への一歩を踏み出してしまった。

そして、こうなってくると、病院だけじゃ満足できなくなる。
プライベートでも羞恥や浣腸の苦しみを味わいたくなるのだ。

そうなった時にお世話になるのは風俗や出会いサイトだろう。
自分はスカトロ専門の出会いサイトを使い、浣腸をしてくれる女性を見つけた。
男を辱めたいという女性は意外と多くいるようだ。

初めて会う女性の前で、ズボンとパンツを脱ぎ、下半身丸出しにして、尻を突き出し、浣腸をしてもらった。
ものすごく恥ずかしかったが、それ以上に女性に尻を見られ、浣腸をされたということにとても興奮した。
最後は排便まで見られてしまった。
ここまでくると、もう怖いもの無しだ。

そのまま、アナルプレイ、前立腺の快感までも求めるようになってしまった。
変態がどんどん変態の深みにはまって、転落していっている。
日常とのギャップが激しいほど、変態プレイは燃えるのだ。

カテゴリ:M男性

タグ:

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

アナルローズを私に見せて下さい。

アナルローズを私に見せて下さい。
アナルにバラを
S女
神奈川県
37歳
アナルプレイ

それが私の望みです。過去に3人調教してきましたがアナルローズを見た経験がなく、未だにそれが可能なマゾ男性を探しているといった状況です。アナルの開発であれば簡単に行う事が出来ますし、それ以上に私に開発されても構わないといった方であれば大歓迎です。

おしりクラブ

スカトロ 出会いの秘密

排便はアナルからおこないます。至極当たり前のことでも言葉にすることで改めて認識することができます。お尻の研究からスカトロに発展していくでしょう。お尻の観察、触診、排泄行為の観察、排便の観察などを研究していくとスカトロとは誰もが持っている原体験だと気づきます。スカトロパートナーとともにおしりの研究をしましょう。アナル体験で変わるのです。

スカトロパートナーの見つけ方

変態サイトの更新状況

スカトロ検索

アクセスランキング

仲良しサイトの更新状況

Copyright©2013
スカトロ伝説
All Rights Reserved.