日本スカトロ話「うんち売りの少女」 | スカトロ伝説

スカトロ

日本スカトロ話「うんち売りの少女」

うんち

むかしむかし、あるところにうんち売りの少女がいました。

「おいしいうんこはいりませんか?」

でも、誰も買う人はいませんでした。
うんこがおいしいわけがないと思っている人ばかりだったのです。

ところが、一人の男の人があらわれ、うんこを買ってくれました。
「うんこ、ちょうだい。」
「はい、今すぐ出します。お待ちください。」
「出すところ撮影してもいい?」
「撮影料がかかりますが、よろしいですか?」
「しっかりしてるねぇ。いいよ。」

この物好きな男は少女の肛門からウンコが出てくるところをアップで撮影しました。
ブリブリッ……ブリーッ
「はい、できたてホヤホヤのうんこです。どうぞ召し上がれ。」

男は少女のウンコを「おいしい、おいしい」と食べてくれました。

それを見た他の人も「わしにもウンコをくれ!」「私にもください!」と、あっという間に行列の出来るうんち屋さんになりました。

めでたし。めでたし。

こんなイメプレしました。
面白いプレイとなりました。

SM系の出会いサイトにいくと、いろんな人がいて、それぞれで面白いプレイを持ってます。
いろんなプレイをするのが楽しいですね!

カテゴリ:M女性

タグ:

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

昼間はOL、夜は貴方だけの牝豚に。

昼間はOL、夜は貴方だけの牝豚に。
夜は牝豚
M女
群馬県
26歳
スカトロプレイ

私は昼はOLとして働き、夜はご主人様だけの牝豚としてお仕えする事だけが望みのです。ご主人様の聖水も黄金も私だけに与えて頂きたいです。

あかちゃんといっしょ

スカトロ 出会いの秘密

赤ちゃんはウンコもおしっこもオモラシしてしまうスカトロプレイのプロです。赤ちゃんになりきってスカトロプレイをしたいと思う人がいてもおかしくありません。オムツをしておもらしをしてオムツを変えてもらったりとお世話してもらい、甘える。それは全て赤ちゃんだからこそできることなのです。そんな赤ちゃんプレイしたいという人が集まり出会えます。

スカトロパートナーの見つけ方